濡れ縁をDIYしよう!

濡れ縁を自分で組み立てたいけど、簡単に組立できるの?

そんな疑問に答えるために、当店で取扱いのある主要な濡れ縁・縁台の組立説明書を集めて比較しました。

基本的にはキット販売なので、現地で天板をカットしたりはしないのですが、

やはりプロ仕様とそうでない商品で、組立しやすさに違いがありました。

そちらについて、施工難易度とあわせてご紹介します。

 

難易度 高

対象商品(メーカー):YKKAP 濡縁三協アルミ

11888401_MED

参考説明書

YKKAP 濡れ縁

ykk-nureen-kumitate

 

三協アルミ 濡縁

sankyou-nureen-kumitate


アルミメーカーの濡れ縁は、基本施工レベルが高いです。

その理由は、脚の部分の施工方法にあります。

一般の商品は、地面に置くだけなのですが、アルミメーカーの濡れ縁は、固定する前提の商品がほとんどです。

地面に柱を埋める、建物にビスで固定する、Lアングルでコンクリートに固定する、

といった内容の工事が必要となってきます。

施主支給でプロの外構業者にお願いする事をおすすめします。

 

難易度 中

参考説明書

エバーエコウッド

ecowood-kumitate

 

タンモクアッシュ

tanmoku-kumitate


こちらの縁台は、地面に置くだけなので、先ほどお話したような固定はしなくても大丈夫です。

ただし、犬走りコンクリートの上に設置する場合など、水平を取るのが大変です。

場合によっては、脚とコンクリートの間に、木の板などを入れる必要が出る場合があります。

 

難易度 低

対象商品(メーカー):アルミス 濡れ縁YKK 縁台

11971401_MED

参考説明書

アルミス

※FAXデータをスキャンしたため、少し画像が見えにくくなっております。予めご了承ください

arumis-kumitate

YKK 縁台

ykk-endai-kumitate


こちらの濡れ縁は、組立も簡単なのはもちろんの事、アジャスター付なので、

微妙な傾斜に対しても水平がとりやすい点が特徴です。

しかも、ある程度リーズナブルなタイプに採用していることが多いため、

価格の面でもDIY向けの商品と言えます。

 

デザインや価格も重要ですが、作りやすさを元に濡れ縁・縁台を選んでみても良いかもしれませんね。

濡れ縁専門店を見たい方はコチラをクリック >>