22,000円以上(税込)お買い上げ、送料無料! 一部商品追加金額で工事対応可能

  • 0

      現在カート内に商品はございません。

22,000円以上(税込)お買い上げ送料無料!
一部商品追加金額で工事対応可能

車止め

取り扱いメーカー数:21  / 取り扱い商品数:2,580
取り扱いメーカー数:21
取り扱い商品数:2,580
駐車場の侵入・盗難防止だけでなく、店舗や公共施設、公園などの車両の通行や無断駐車を抑制するために使われる車止めポール。カーゲートなどと比べて、広範囲を比較的安価に対応できる点が魅力です。この商品は実はポール型、U字型など様々な形状があるとともに、固定式・取り外し式・埋め込み式など様々な設置方法があります。また便利なチェーン内蔵タイプなどの機能も充実しています。
またもし自動車がぶつかってしまいポールが曲がってしまったときにも、交換用ポールを使えばDIYで簡単に取替することができる場合があります。その場合はメーカーや型番をしっかり確認をしておくことが必要です。

当店では、初めて車止めを検討している方向けに、デザイン別早見表をご用意しております。またメーカーで商品を絞り込むことができますので、交換用ポールを探しやすくなっています。
車止めポールだけでなく駐車場のタイヤ止めも取り扱っており、モダンデザインからかわいい商品まで、好みにあったアイテムを探すことが可能です。

品揃えと激安価格に自信あり!車止め専門店のキロで、目的にピッタリの車止めを探しましょう!

車止めポール デザイン別早見表

車止めは駐車場や施設などで、主に自動車などの侵入を妨げるためのポールの事です。
その種類は膨大で、用途や素材、デザインなど様々な視点から最適な車止めを選ぶ必要があります。
ここでは、車止めポール選びのお手伝いをするために、デザインや商品の特徴をご紹介しております。


車止めの選び方・組み立て方のヒント集 車止めの選び方・組み立て方のヒント集


STAFF BLOG

注目商品紹介

メーカー担当者が語る!三協アルミの2020年新商品カーストッパーのご紹介

2020年三協アルミで発売された隠れた名品「カーストッパー」。その商品の魅力をメーカー担当さんが伝えに来てくれました。
もっと見る
DIY

車止めの施工方法をご紹介します!

共の場所や駐車場などでよく見かける車止めですが、施工方法はみなさんご存じでしょうか。今回は、実際に施工現場に行ってきましたので、写真などを用いてご紹介します。
もっと見る

お客様の声(2件)

サンポール アーチ スチール製(H650) FAA-7U15-650     11049701
★★★★★
  • 丈夫で施工しやすく満足です。

    今回、イレギュラーな注文だったと思いますが、親切な対応感謝します。
    何かあればまたお願いします。
サンポール ピラー ステンレス製 PA-7U     11019501
★★★★★
  • 老舗メーカーです
    駐車場幅18メートルを2本の支柱でロープを張りましたがフック部分及び太さも問題ありません

車止め設置イメージ紹介(6件)


DIY用車止めの価格相場

価格 商品数
0〜1万円未満 336
1〜2万円未満 412
2〜3万円未満 481
3〜4万円未満 337
4〜5万円未満 253
5万円以上 761

をDIYしようと検討している方へ

車止めをDIYしようと検討している方へ

・車止めの役割

車止めは駐車場や車両通行区域で多く使用される商品です。
車止めの役割としては、歩行者や建物の安全確保するための役割を果たします。
車止めを使うことで車両の通行を制限し歩行者との衝突事故などを防ぐことができるアイテムです。
また他にも、交通の流れや駐車場の効率を向上させる役割や駐車スペースや駐車場のスペースを管理するための役割などもあります。

・車止めのDIY手順

車止めの手順については下記の通りになります。
1.計画と準備
設置する場所を決定し、車止めをどこに置くかなどを確認します。地面を掘り下げて基礎を作成する場合は、掘削を行います。
2.地盤の調査と準備
設置する場所の地盤が確認をします。地面を掘り下げて基礎を作成する場合は、掘削を行います。
3.基礎の作成
基礎を作成するために、掘削した穴に砕石や砂利を敷き詰めます。これによって基礎の安定性を高めます。
基礎の深さや大きさは、地域の法規制や車止めのサイズに合わせて計画します。
4.材料の設置
設置する材料(コンクリートブロックや単管パイプなど)を基礎の上に積み上げます。必要に応じて接着剤やモルタルを使用して固定します。
5.水平と垂直の確認
設置した車止めが水平であり、垂直に立っているかを確認します。水平器や水準器を使用してバランスを取ります。
6.仕上げと補強
設置が完了した後に、車止めの仕上げを行います。これには塗装や表面の仕上げなどが含まれます。
必要に応じて補強をしてください。

・車止めのDIYに必要な道具

車止めをDIYで作るためには、以下のような工具が必要です。

測定具(メジャーや水準器)
掘削用具(シャベルやエクスカベーターなど)
石工道具(ハンマーやゴムハンマー、トロウェルなど)
作業保護具(手袋、安全靴、安全メガネなど)

・車止めDIYによる採寸箇所

設置場所が決まった場合の採寸箇所をご説明します。
まず設置場所の幅を計測します。次に設置場所の奥行を計測し
車止めを設置した後に問題がないか確認をいたします。
また車止め自体の幅・高さ厚さのサイズも計測します。
車止めが機能するサイズなのかと設置場所に対して適切なサイズ化を確認して商品をお選びください。
さらに、複数設置される予定の場合は車止めのとのスペースを確認してください。

・車止めを設置する上で一番苦労しやすいポイント

基礎の安定性を確保

車止めは車両の衝撃に耐える必要がある商品です
そのため基礎の安定性を確保することが重要です。
地面の下に十分な深さで基礎を作り、適切な材料と固定方法を選びましょう。基礎が不安定だと車止めが傾いたり崩れたりする可能性があります。

正確な水平と垂直を確保

車止めは水平であり垂直に設置する必要があります。
特に一列に複数設置する場合は均一な高さ・水平を保つことが求められるので注意して設置してください。

仕上げの美しさと耐久性

車止めは外観の一部となりますので、デザインや塗装の仕上げが重要となります。
仕上げ作業に時間をかけ、耐久性を高めることが求められます。

安全対策と規制遵守

必要な保護具の着用や作業エリアの適切な区画化周囲の注意喚起などを行うことが重要です。地域の建築基準や法規制にも準拠することを忘れずに行いましょう。

・車止めお勧めメーカー

当店で販売している車止めのメーカーの特徴をご説明します。

サンポール

サンポールは交通安全関連の商品を提供しているメーカーになります。
サンポールの車止めの特徴としましては耐衝撃性に優れているため車両都の衝突に耐えることが可能です。また耐久氏も高いので長期的に使用できる所も特徴です。
さらに多様なデザインとカラーバリエーションの車止めを取り扱っているメーカーになります。

帝金(Teikin)

帝金(Teikin)は築資材を取り扱っているメーカーになります。
特徴としては、耐久性にすぐれた材料を使用しております特に銅や鉄筋コンクリートなどの丈夫な素材を採用しているため、衝撃や負荷に対して高い強度を持っています。そのため長期間の使用も可能です。
また取付が容易であるにもかかわらず安全性が安全性を確保しています。
設置作業がスムーズに行えるような設計や取付方法が設定されており、車両と接触した場合を考慮した設計がされていますので安全性も確保されております。

LIXIL

LIXILは建築・住宅関連製品を提供しているメーカーです
車止めに関しては、独自に開発した製品を提供していることが特徴です。
特殊な塗装や素材を使用しており長期的に使用することが可能です。
天候条件にも対応しており劣化屋変形を最小限にしています。
また機能面だけではなくデザインにも重視しされて商品開発をされています。
住宅関連野商品を多く取り扱っているので周囲の景観に調和するようなデザインが多い事が特徴になります。
駐車場や敷地内の美観を損なうことなく車止めを設置する事ができます。

三協アルミ

三協アルミはアルミニウム建材メーカーです。
車止めの特徴としては、アルミを主に使用しているので 軽量でありながらも耐久性に優れており錆びにくい特徴を持っています。
また、施工方法も簡単なためDIYで取付ができる商品もございます。
さらにアルミニウムは再生可能な素材になりますので環境にも配慮している所も 特徴になります。


車止めの施主支給をお考えの方へ

・車止めの施主支給とは

車止め設置費用や手配を建物の所有者(施主)が負担する方法です。
一般的には、建物の敷地内や駐車場などに車両の進入を制限するために車止めが必要な場合、施主が車止めを自主的に購入し、施工業者に設置を依頼する形態です。

・車止め施主支給メリット

施主が自分の好みに合わせて車止めを選ぶことが出来ます。
形状、材質、色など自由度が高くなります。
また自分の予算に合わせて施工業者の選定、商品の選定ができるため コストをコントロールする事ができますので、費用の節約やコストパフォーマンスの工場が期待されます。
スケジュール管理もしやすくなるのもメリットの1つになります。

・車止めの施主支給で注意すべきポイント

車止めは、車両の進入を制限するための設備であり、施主が設置する場合にはいくつかのポイントに注意する必要があります。以下に、車止めの施主支給における注意点をいくつか説明します。

1.法規制の確認 地域や自治体の法規制がある場合があります。施主支給の場合は法規制がないか設置する前に必ず確認をしましょう。例として高さ・寸法の制約がある場合がございます。

2.設置場所の確認 車止めは、通行の安全を確保する谷に設置される商品です。道路や駐車場などの車両進入の制限が必要な場所に設置する事が大切です。

3.設置方法の検討 車止めの設置方法には、地面への埋め込みタイプやボルト固定タイプなどがあります。設置場所や土地の条件に合わせて最適な設置方法を検討しましょう。

4. 耐久性と安全性の確保 車止めは長期間使用されるため、耐久性と安全性を確保することが重要です。高品質な素材や耐候性のある仕上げを選ぶことで、長期間の使用に耐える車止めを選びましょう。

5. 施工業者の選定 車止めの設置は専門的な技術や知識が必要な作業です。施主支給で車止めを設置する場合でも、施工業者の選定には注意が必要です。信頼性のある業者を選び、施工前にしっかりと打ち合わせを行いましょう。

こちらのポイントに注意しながら施主支給の手配を進めていくことでスムーズに行うことができます。

・車止めの施主支給を選ぶ際のポイント

どんな施工業者や何を基準にして選べばいいか分かりませんよね。
そんな時は下記のポイントを押さえて選定することが重要になります。

評価基準の明確化: 施主支給の場合、複数の業者から見積もりを依頼し、それぞれの提案を比較する必要があります。まずは、自身のニーズや要件を明確化し、評価基準を設定しましょう。たとえば、品質、価格、施工期間、業者の信頼性などが評価基準となるでしょう。

業者の選定基準: 複数の業者から見積もりを取得する際には、信頼性や実績、技術力などの基準を設けて業者を選定しましょう。過去の施工事例や顧客の評判、業界での評価などを調査し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

提案内容の比較: 取得した見積もりや提案書を詳細に比較しましょう。提案内容は、車止めの仕様やデザイン、材料の品質、施工方法、メンテナンスサービスなどを含んでいます。価格だけでなく、提案内容を総合的に評価し、自身の要件に最も適した提案を選びましょう。

価格交渉: 施主支給では、価格交渉の余地があります。複数の業者からの見積もりを比較し、適正な価格を求めることができます。ただし、価格だけにこだわらず、品質やサービスのバランスも考慮しましょう。

契約書の確認: 業者との契約書は、提案内容や価格などの重要な条件を明確にするために重要です。契約書を十分に確認し、納得のいく内容であることを確認してから署名しましょう。必要に応じて、法的なアドバイスを受けることも検討してください。

営業日カレンダー
   20245月   
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
   20246月   
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
   ...定休日

Hi,ゲストさま