22,000円以上(税込)お買い上げ、送料無料! 一部商品追加金額で工事対応可能

  • 0

      現在カート内に商品はございません。

22,000円以上(税込)お買い上げ送料無料!
一部商品追加金額で工事対応可能

日除け・シェード

取り扱いメーカー数:11  / 取り扱い商品数:3,098
取り扱いメーカー数:11
取り扱い商品数:3,098
日除け・シェードとは主に夏に活躍する日かげを作る商品の事です。屋外用のカテゴリとしては、パラソル・すだれ・オーニングなどがあげられます。
近年は猛暑日が増え、最高気温を更新したという話をよく聞きます。リビングなどの大きな窓の外側に日除けを付けることで、屋外での活動だけでなく、室内の温度の上昇を防ぐ効果もあります。
「夏は日かげにして、冬は日を入れたい」「お庭でBBQやプール遊びをするために、一時的に日よけが欲しい」といった要望だけでなく、取付方法によっては「目隠しをしたい」というときにも実は有効です。

当店では日除けを商品カテゴリに応じて絞り込むことが出来ます。また素材や価格帯からも調べることができるため、非常にわかり易いと好評です。

品揃えと激安価格に自信あり!日除け・シェード専門店のキロで、暑い夏を楽しく快適に過ごす工夫をしてみませんか。

日除け・シェードの選び方・組み立て方のヒント集 日除け・シェードの選び方・組み立て方のヒント集


STAFF BLOG

選び方

自宅屋外の日よけシェード取り付けメリットと選び方のポイント

日本家屋では古くかさまざまな形の日よけが使われています。今回は洋風なすだれともいえるシェードを取り付けるメリットとその選び方を紹介します。
もっと見る
注目商品紹介

何が変わったの?アウターシェードがリニューアル!

人気の外付け日よけであるYKKAPのアウターシェードが2020年の春に新仕様にリニューアルされました。何が変わったのでしょうか。詳しく解説します。
もっと見る

日除け・シェード設置イメージ紹介(6件)


DIY用日除け・シェードの価格相場

価格 商品数
0~1万円未満 157
1~2万円未満 91
2~3万円未満 298
3~4万円未満 521
4~5万円未満 45
5万円以上 1,986

をDIYしようと検討している方へ

日除けやシェードをDIYで手作りされる方に向けて、考慮すべき点についてまとめました。是非ご参照ください。

●日除け、シェードのサイズ選び

日除けやシェードのサイズは、設置する場所と用途によって異なります。
屋外のテラスやベランダ、庭、窓辺など、設置する場所のサイズを正確に測り、それに合った適切なサイズを選びましょう。
日除けの目的によってもサイズが異なります。
単に日差しを遮るだけであれば小さめのサイズで十分かもしれませんが、
広いスペースを日除けする場合や、雨を遮る必要がある場合はより大きなサイズを選択する必要があります。
また、場所の日照時間や日差しの角度を考慮し、遮光率が目的に合った日除けのサイズを選ぶことをおすすめします。
例えば、西日の強い場所ではより大きな日除けが必要になるかもしれません。
一度設置したらやりなおしがきかない商品が多いので、サイズ選びは慎重に行いましょう。


■必要な工具・メジャー:サイズを測定するために必要な工具です。正確な寸法を測ることで、適切なサイズの日除けやシェードを作成することができます。
・軍手:安全にDIYを行うため、必ず軍手をはめて作業してください。
・カッター:商品の梱包を開ける際に使用します。
・スパナ:部品の固定に使用します。
・ドライバー:部品の固定に使用します。可能であれば電動タイプの物を用意すると便利です。
・脚立:高さのある場所での作業が必要となりますので出来るだけ大きいものを用意しましょう。
・水平器:正確に水平をとるために、用意しておくと便利です。

●日除け、シェードの素材選び

日除けやシェードをDIY(Do It Yourself)で作成する際には、適切な素材の選定が重要です。
素材の特性によって遮光効果や耐久性が異なるため、使用する場所や目的に合った素材を選ぶことで、
快適で効果的な日除け、シェードを実現することができます。
以下に、DIYに適した日除け、シェードの素材選びのポイントと遮光効果について解説します。

素材選びのポイント

1. 遮光効果
日除け、シェードの主な役割は日差しや紫外線を遮ることです。素材の遮光効果を確認し、目的に合った遮光率を選びましょう。
遮光率が高ければ強い日差しを遮ることができますが、部屋が暗くなる可能性もあるので使用場所に応じて調整します。
2. 耐久性と防水性
屋外で使用する場合、素材の耐久性と防水性が重要です。
風や雨、紫外線などの影響を受けるため、耐久性のある素材を選びましょう。また、防水性があれば雨の日でも安心して利用できます。
3. 通気性と風の影響
素材の通気性も考慮してください。風が通り抜けることで熱気を逃し、快適な空間を作ることができます。ただし、風が強い場所では素材の耐風性も考慮しましょう。
4. メンテナンスのしやすさ
長期間使用する場合、素材のメンテナンスが必要になります。汚れが付きにくい素材や洗濯機で洗える素材を選ぶことで手入れが楽になります。
5. 視覚的なデザイン
日除けやシェードは屋外空間のデザインにも影響します。素材の色や柄、質感などを考慮して、周囲の環境と調和するデザインを選びましょう。

 ● 日除け、シェードの取り付け方法

日除けやシェードは商品によって、取付方法が異なります。
窓枠のフレームに取り付けるタイプやカーテンレールに引っ掛けるタイプ、窓枠直接貼り付けるタイプなど様々です。
取り付け方法から、自分がDIYできそうな商品を選ぶことをお勧めします。
中でもシェードは取付が難しくプロの職人でも取付や商品の拾い出しに苦戦することもあります。
シェードをDIYで取付ようと考えている方は一度プロに相談することおすすめします。 お困りの際はお気軽に当店までお電話、メールにてご連絡ください。

●まとめ

日除け、シェードのDIYは商品によって仕様、サイズが様々です。
上記のことを参考にして自分にぴったりのDIY向け商品を見つけてください。
エクステリアキロでは商品の施工も承っておりますので、DIYが難しく感じられた方は是非ご相談ください。
あなたにぴったりの商品、仕様を提案させて頂きます。


営業日カレンダー
   20244月   
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
   20245月   
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
   ...定休日

Hi,ゲストさま