アルミ縁台とは

リビングや和室とお庭をつなぐ縁台。
実はこの縁台には、天然木だけでなく、アルミや樹脂など様々な素材がございます。

こちらのページでは、アルミ製の濡れ縁・縁台について、ご紹介させて頂きます。

 

<アルミ縁台の特徴>

アルミ製の縁台は、メンテナンスが少なく済むなどの理由で選ばれる方が多いです。

そのため、どちらかというと、業者様が購入される傾向にあります。

ここでは、良い点・悪い点の両方について紹介しようと思います。

 

●良い点

アルミ製なので、サビに強く腐らない点が特徴です。

カラーも豊富なので、住宅に合わせた濡れ縁を選ぶことが出来ます。

YKK AP、三協アルミなどの一流アルミメーカーも製造しているので、保証等の面でも安心です。

●悪い点

アルミ製は、夏は熱く、冬は冷たいといった問題があります。

そのため、裸足で乗る事はおすすめ出来ません。

マットを敷く、靴下を履くなどの対応が必要です。

 

<アルミ縁台を比較しよう! 松・竹・梅>

アルミ縁台の種類がたくさんあって、どれが良いのかわからない・・・

というあなたのために、価格帯別におすすめ商品を紹介いたします。

簡単なポイントもあわせて紹介しますので、予算やデザインを比較して、

お気に入りの商品を見つけて下さいね。

 

※比較条件 サイズが幅 約1,800mmの商品の価格でランク付けしています。

<ランク 松>
11889201_MED

三協アルミ 濡縁 アルミタイプ

色がアーバングレーとブロンズの2色あり、モダン住宅にも和風住宅にも合わせることが可能です。

三協アルミはサイズバリエーションが豊富なので、選びやすい点もうれしいですね。

三協アルミ 濡縁 アルミタイプを確認したい方はコチラをクリック

<ランク 竹>
11893801_MED

YKKAP 縁台 ひのき

ひのき調カラーのアルミ製縁台です。和室の雰囲気を損ねずに、かつ運びやすいタイプですので、

濡れ縁としての使い方だけでなく、お庭を楽しむために、設置場所を変えるなどの対応も臨機応変にできます。

ただ、水も楽しむ和庭の場合、汚れやすいですので、たまに掃除をしてあげて下さいね。

YKKAPの縁台 ひのきを確認したい方はコチラをクリック

<ランク 梅>
23499801_MED

リーベ アルミ縁台※高さ調整アジャスター付

高さ調整が容易なため、犬走りコンクリートの場所に設置しやすい点がうれしい濡れ縁です。

座る部分も含めて、非常にシンプルな形状となっています。

リーベの縁台を確認したい方はこちらをクリック

キロの濡れ縁専門店を確認したい方はコチラをクリック >>