メーカーさんに聞きました!米保管庫のQ&A

メイン画像

こんにちは!ネットショップキロの店長の前藤です。
先日、当店に「米保管庫」の老舗メーカーである川辺製作所の川辺様が遊びに来てくれました。

ここでは、川辺製作所のこだわりからニッチな情報まで、幅広くお伝えしたいと思います。

Q:米保管庫はいつ売れるの?

最近の米保管庫の繁盛期は【8月~10月がピーク】です。
以前はもう少し期間が長かったのですが、「玄米保冷庫」の躍進により、この時期に集中するようになりました。

そもそも米保管庫は、お米の保管とともに害虫対策の意味合いが強い商品です。
そして、この害虫は「20℃以上になったときに発生する」と言われています。

今までは、お米を保管するタイミングという事で、収穫の時期に売れていました。
それが、最近は保管だけでなく「どれだけ鮮度を保ったまま保管できるか」という、味に対しての需要も高まってきました。

そのため、米保管庫を通年使うのではなく、
●10月~4月末までの虫が来ない時期に「米保管庫」。
●5月~9月末までの害虫が発生しやすい時期に「保冷庫(冷蔵庫)」。
という使い分けが増えているそうです。

その結果、虫が来ない時期のスタートに合わせて売れるようになり、それが売り上げのピークに直結するようになったとの事です。

ちなみに最近では「F-09」「F-12」の大きめのサイズが人気となっています。
これは農家さんで確保するお米の量が、18~20俵ぐらいが一般的なのですが、保冷期間用の7俵分を保冷庫で、残りを米保管庫で保管するためだそうです。
よく考えられていますね。

総桐米保管庫 F-09
総桐米保管庫 F-12

Q:買い替えのタイミングは?

通常は10年ぐらいで買い替えをする事が多いですね。
20年となると、あまり聞いたことがないです。

Q:なぜ「桐」なのでしょうか

川辺製作所の米保管庫も、昔は発泡スチロールを使っていました。
でも発泡スチロールは「結露」が発生するんです。
結露が水滴となって、米袋についてしまうと、カビなどが発生する可能性があります。

(川辺製作所は)米保管庫で20年以上の歴史がありますが、この結露を防ぐのに一番の素材ということで「桐」にたどり着きました。
ちなみにこの桐ですが、木が湿気を吸収すると思われている方が多いのですが、そもそも桐自体が防湿効果が非常に高い素材です。
そのため、中に湿気を寄せないという意味で桐が最適なんです!
この米保管庫は、厚み9mmの桐とアルミフレームとスチール板を使っています。

サンプルイメージ

こちらは、商談用のミニサンプルを回転した様子です。
真ん中の厚みが注目ポイントです!

Q:商品を選ぶ際のポイントを教えて下さい

除湿機能の有無などありますが、忘れがちなのが床強度です。
米袋は非常に重たいですので、しっかりした床でないと、重さに負けて米保管庫に歪みが発生します。
歪みが発生すると、扉がきちんと閉まらなくなるので注意が必要です。

ちなみに川辺製作所の米保管庫は、信頼の日本製です。
さらに、床を4重構造にしています。
先ほどお伝えした、厚み9mmの桐とアルミフレームとスチール板にも一工夫しています。
かみ合わせる構造にする事で、とても頑丈で組立しやすいと評判なんですよ!

かみ合わせイメージ

こちらはコーナー部分の組立イメージです。
このように合わせる事が出来るのは、他社さんではなかなかありません!
JAにも販売しているという川辺製作所さんの、日本製ならではのクオリティです。

Q:最新商品のもみ収納庫について教えて下さい

もみ収納庫は、刈り取りした籾米のまま貯蔵する保管庫です。
実は、お米の保管方法には地域差があります。

長野県、鹿児島県、宮崎県、岩手県、長崎県、山梨県、鳥取県では、もみ(殻)がついた状態で保管をするのが一般的です。
なぜもみが付いたままで保管をするのか。一番の理由は味が落ちるのを防ぐためです。

お米の鮮度が落ちる理由に「酸化」があります。
籾米は玄米と比べても、酸化による米の劣化を防ぎやすく、鮮度を保つことができるというわけです。

ただデメリットもあります。それは場所を取るという事です。
通常もみを精米すると、25%ほど目減りするといわれます。
同じスペースで保管するなら、玄米の方が省スペースで済むというわけです。

ちなみに米保管庫ともみ保管庫の違いは「サイズ」です。
もみの方が袋が大きいため、奥行が長くなっています。また、幅も広くなっています。

最後にISEKIというコイン精米機を知っています? 該当する県で、こういったコイン精米機が近くにあれば、もみ保管庫がおすすめですよ!
コイン精米機

さいごに

ここまで米保管庫の特徴と、川辺製作所の米保管庫の素晴らしさを確認しました。

要点をまとめると、

●5月~9月は保冷庫、10月~4月までは米保管庫と分けて使うのが賢い使い方
●買い替えは10年がひとつの目安
●湿気を防ぐことで、長く保管する事ができる
●床がしっかりした商品を選ぶのがおすすめ
●長野県、鹿児島県、宮崎県、岩手県、長崎県、山梨県、鳥取県ではもみ収納庫が良い場合もあり。

この5点が挙げられます。
賢く米保管庫を使いこなして、おいしいお米を食べましょう!