物置の品揃え日本最大級のキロ

エクステリアにおける雪対策のご案内│物置の品揃え最大級のキロ

マイページ カート 会員登録 ログイン

エクステリアにおける雪対策のご案内

お庭など外に設置をするものは、雨や風、雪など様々な天災に対して考えていく必要があります。
ここでは、エクステリアの各カテゴリごとにポイントやおすすめアイテムなどをご紹介していきたいと思います。

物置専門店のキロに移動する
物置の商品を見る

物置に関する雪対策としては、大きく2つのポイントがあります。
一つは積雪強度です。
物置には、【一般地用】【積雪地用】【豪雪地用】の3種類がございます。(メーカーによって若干呼び方が変わります)
お客様のお住まいの地域に合わせて、適切な強度の商品を選んでください。

また殆どの商品が、一般地用と積雪地用で、差額は少ない傾向にあります。
そういった商品についてメーカーさんに話を聞くと、屋根の補強用の梁が多く入っているかどうかの違いらしく、 そこまで材料が増えていないので、差額が少ないとの事でした。
雪が気になる方は、積雪地用を選んだ方が無難かもしれませんね。

二つ目は工事内容です。
積雪地は冬になると、氷などの問題で地面が盛り上がるそうです(職人さんの情報です)。
そのため、地域によっては、転倒防止工事を重点的に行うそうです。

もちろんその分金額は高くなりますが、強風や霜によって地面が盛り上がってしまい、物置が倒れてしまうのを事前に防ぐことができます。
また、水平がとれないと、扉の開閉に不具合が発生します。
しっかりとコンクリートブロックなどを使い、水平をとって設置しましょう。
設置前に、地元の施工業者さんやホームセンターさんで確認する事をお勧めします。


<ゴミ収集庫・業務用ダストボックスの商品を見る>

ゴミ収集庫に関する雪対策としては、開閉方法やデザインが挙げられます。
網タイプですと、中まで雪が入ってしまう。箱型だと、開閉の際に雪が邪魔になってしまう。
主に使い勝手の面で注意をする必要があります。


<ガーデンライト(イルミネーション)の商品を見る>

ガーデンライトは雪対策というよりも冬対策として、イルミネーションが挙げられます。
ジュエリーライトやドレープライト、3Dモチーフなど様々な種類がございます。
イルミネーションライトは様々なカテゴリがございます。
お客様の飾りつけ方法にあったものを見つけるためにもカテゴリを知っておく事は大切です。

また、お気をつけていただきたいのが、イルミネーションライトには大きく室内用と屋外用があります。
屋外のものは防雨対策がしているかや配線が太く丈夫になっているかがポイントになるので、屋内と屋外で用途にあったものをお探しください。

詳細は、こちらのコンテンツ(上記バナーより確認できます)を参考にしてください。

注意点としては、欲しいと思った時期に売り切れしていることが多いことです。
最近は秋(10月30日のハロウィンごろ)から、飾り付けしているお家も増えています。


<立水栓の商品を見る>

立水栓の冬(雪)対策としては、凍害があります。
水が凍ってしまい、配管の破損や水漏れの原因になります。

立水栓とは屋外に設置する、水がでる蛇口の事です。
屋外にあるので外気に触れてしまうため、配管が凍結してしまうことがあるのです。
この対策としておすすめな事が「不凍機能付きの水栓柱」です。
水抜き機能を付与しているものや、地面に埋める配管が深くなっている立水栓が主なタイプとなります。
立水栓を選ぶ注意点としては、素材によっては、水を吸って割れやすくなるものもある事です。


<温室・ビニールハウスの商品を見る>

植栽を寒い冬から守る手段の一つとして、温室・ビニールハウスが挙げられます。
特にピカコーポレーションのランハウスや、スワン商事の折り畳み温室がおすすめです。
家庭用のビニールハウスであれば、南栄工業が人気です。

詳細については、こちらのコンテンツ 「冬場に家庭菜園を楽しむには」 「大切な植物を育てたいあなたに」 をご確認下さい。


冬場に家庭菜園を楽しむには


冬場に家庭菜園を楽しむには


<カーポートの商品を見る>

カーポートについては、積雪地向けのカーポートを選ぶ、設置後の雪下ろしをしっかりするといった対策が必要となります。
詳細については、こちらのコンテンツ「エクステリアにおける雪対策 カーポート編」にて、

・積雪強度を持つカーポートを選択する。
・雪下ろしを行う
・サポート柱などの補強を行う
・設置場所を考える

上記の4つのポイントを解説しております。
ぜひこちらをご確認下さい。


<カーポートの冬の雪対策 紹介ページに移動する>


<ガレージの商品を見る>

ガレージについては、積雪地用の商品を選ぶことが前提です。
その中でも、海に近い場所、雪が多そうな場所のオススメメーカーは下記になります。

・ヨドコウ
ヨドコウは鋼板から製品まで一貫製作をしており、その中でも塗装技術が高いメーカーになります。
そのため、塩害を受ける海に近い場所への設置は、錆び等の対策が強いヨドコウの製品をオススメします。

・稲葉製作所
稲葉製作所については、ご存じのとおり物置・ガレージ業界No.1のメーカーです。
最大の特徴は使用されている鋼板がメーカーで一番厚いということです。
そのため、頑丈でしっかりしているので、積雪量の多い地域では強度が高い稲葉製作所の製品をオススメしております。

また雪が多い場所では、シャッター自体の補強もおすすめです。
メーカー純正商品でも良いですが、沢田防災技研の小型シャッターガードなどを使ってもよいかと思いますよ。


<テラス屋根の商品を見る>

テラス屋根についても、積雪地用・豪雪地用を選ぶ必要がありますが、テラス屋根ならではの注意点があります。
それは、建物の2階以上の屋根から、直接雪が落ちてくる場所にテラス屋根を設置しない事です。

屋根の雪は溶けにくく、氷のように重く固まってから落ちてきます。
テラス屋根にこの塊が直撃すると、破損の原因となります。

ただしこの条件は、建物の屋根に雪止めが付いていれば、解決する事ができます。
降雪地域であれば、だいたい付いていますが、そうでない地域では注意が必要です。


<ウッドデッキの商品を見る>

ウッドデッキについては、雪下ろしの方法などに注意が必要です。
詳細については、こちらのコンテンツ「エクステリアにおける雪対策 ウッドデッキ編」にて、

・そもそも雪が積もらないようにする
・雪下ろしに適した道具を用意する
・水やお湯を使わない

上記の3つのポイントを解説しております。
雪が積もらないようにするには?水やお湯を使うと何でいけないの?
そんな疑問を持たれた方はぜひこちらをご確認下さい。


<ウッドデッキの冬の雪対策 紹介ページに移動する>

ここまでエクステリアに関する冬の対策についてご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか。
外構に関する商品でも、取付場所や使い方などによって、様々な要素がある事が分かるかと思います。

もし「私の住む地域はどういった対応が必要かわからない・・・」という方は、外構業者や地元のホームセンターなどに確認をする事をおすすめします。
それは、その地域での施工実績があるからです。

冬になって困らないよう、よく考えながらエクステリア商材を選びたいですね。