物置の品揃え日本最大級のキロ

タクボ・ヨド・イナバのおすすめのバイクガレージを徹底比較:バイクガレージ専門店のキロ

マイページ カート 会員登録 ログイン

エクステリア業界最安に挑戦中!
当社のエクステリアトータルアドバイザーが小スペースから
大規模店舗までご提案させていただきます!

22,000円以上送料無料!クレジットカード払いOK! TEL:0800-808-1196 FAX:0561-65-5170 営業時間:11:00~15:00(土・日・祝日休み)
HOMEご利用の流れ組立工事について施主支給よくある質問
検索
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
お気軽にお問い合わせ・ご相談くださいFAX
ご注文の前に~必ずご確認ください
セール会場
初めての方へ
メーカーお問い合わせ
メーカーカタログ
表札シミュレート
ブログ紹介
フェイスブックページ
カテゴリーから選ぶ
メーカーお問い合わせ
国内仕入先メーカー様募集
OEM製造メーカー様募集
ネット通販掲載希望メーカー様募集
協力施工業者様募集
スタッフ募集
エクステリア通販トップ   >   バイクガレージ   >   タクボ・ヨド・イナバのおすすめのバイクガレージを徹底比較

おすすめのバイクガレージを徹底比較

キロ おすすめ!DIY向けバイクガレージ
タクボ・ヨド・イナバのバイクガレージを徹底比較

バイクシャッターマン エルモトビット イナバ物置

バイクガレージで有名な商品に、物置の有名メーカーである<イナバ><ヨドコウ><タクボ>がございます。
どの商品も素晴らしいのですが、どれが一番良いのかわからない。という声をよく聞きます。
そこで、この3メーカーのバイクガレージについて、サイズなどを比較してみました。
大切なバイクを盗難や雨風から守るガレージ。ぜひ妥協なく探してみてください。

タクボ物置のサイズ一覧を見たい方はこちらをクリック
バイクガレージの選び方は?気をつけるべき点は?

イナバ・ヨドコウ・タクボのバイクガレージを選ぶ際、いくつかの注意点があります。 それぞれご案内致します。

1.仕様の違いに注意!
物置メーカーのバイクガレージには、床仕様と土間仕様があります。

床仕様は簡単にいうと、物置の扉がシャッターになっているイメージです。
それに対して土間仕様は床がなく、車庫ガレージを小さくしたイメージといえばよいでしょうか。

それぞれメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

床仕様は床が付く分、車庫内に段差ができます。とくに車高が低いものはバイクの下部を擦る場合があるので要注意です。
また床が付いている分、商品代が高くなります。ただし設置工事は普通の物置に近い分DIYしやすい(工事代が安く済む)という特徴があります。

土間仕様は地面(コンクリート)と段差がないため、バイクの出し入れがしやすくなります。
また床がない分、商品代を抑えることが出来ます。ただしブロックをコの字に積み基礎を作る必要性があり、また原則内部をコンクリート打設する必要があるため、工事代が高くなります

使い勝手を考えると土間仕様がお勧めですが、プロの施工業者に依頼ができない場合や使用期間が短い場合などは床仕様を選ぶと良いかと思います。

※ここでは主に床付仕様をご案内しておりますので、土間仕様をご希望の際は、下記バナーより当店サイトをご確認下さい。

バイクガレージ専門店のキロに移動する


2.寸法に注意
バイクガレージには3つの寸法があります。屋根寸法と床寸法、内部寸法です。
屋根が越境しないようにするのはもちろんですが、シャッターや基礎、壁のことを考えると寸法は少し狭くなります。
中でちょっとした作業をすることを考えると、敷地に余裕があれば少し大きめの商品を選ぶことをお勧めします。

またヘルメットやメンテナンス用の工具を入れるスペースも、併せて考えてあげるとよいと思います。
メーカーでは柱が手前に降りてこない棚板も用意してますので、上のスペースを有効利用するのもポイントです。

購入前に地面に内部寸法の四角を書くなどして、実際にバイクを入れるシミュレートをしてみるとよいでしょう。

3.バイクガレージの選び方は?

先ほど紹介した2点を踏まえ、バイクガレージの選ぶポイントを要約すると、どれだけガレージの活用をイメージできるかに尽きると思います。

段差の話も内部寸法の話も、どちらもお手持ちのバイクの種類によって変わる話です。
自分の愛車のデザイン、寸法、敷地形状に応じて適切な商品を選びましょう。

Q:なぜDIYにいいの?

通常のバイクガレージは、下がコンクリートになっているため、左官職人が必要となります。
それに対して、床付タイプは物置と同じ設置方法になるため、DIYしやすい商品となります。
ただし、シャッターは非常に重たいです。シャッターの設置の際には、2人以上で対応を行う事をおすすめします。



物置の組立について確認するには、こちらのバナーをクリック

Q:どのメーカーが一番良いの?

こちらについては、設置したい場所などによって異なります。
後ほど改めて、サイズ比較表をご紹介させて頂きますので、
ここでは製品ごとの特長と、簡単なポイント(他社との違い)をご説明します。
※各社共通点:ディンプルキーの採用、手動シャッター

タクボ:バイクシャッターマン
1.他社との違い

軒樋・たて樋付

雨樋(軒樋・たて樋)が標準装備となっている点です。雨水を1か所にまとめて隣家に迷惑をかけません。隣地とのトラブルを防ぐのにおすすめです。


2.その他の特徴(防犯)

防犯性の高い鍵

防犯を考慮した安心設計が特徴です。
特にシャッターの鍵は、防犯性の高いディンプルシリンダー錠を採用しています。鍵が2本ついているので、紛失時も安心です。

またオプションの盗難防止バーを使うことで、市販の錠でロックが可能となります。
お盆や正月、ゴールデンウィークなど、家を空けるときに有効です。

盗難防止バー


3.その他の特徴(仕様)

バイクシャッターマンのその他の特徴 柱の埋込は不要で移設も可能。アンカープレートも付属しておりますので、転倒防止工事も可能です。

重量のあるバイクに適した床として、高耐食めっき鋼板ZAM仕様とし、耐荷重:600kgf/m2を実現しています。
スタンドクッションが1枚付属しており、スタンドのすべりや床板のキズ防止に配慮している点もポイントです。

床板以外の素材もサビに強い材質と塗装をしています。耐食性に優れた特殊亜鉛鋼板に高級焼付塗装は、大手物置メーカーならではですね。

バイクシャッターマンのその他の特徴


4.タクボのおすすめ商品
BS-2529

タクボ バイクシャッターマン BS-2529

屋根サイズ:幅 2612mm × 奥行き 3195mm

床サイズ:幅 2532 × 奥行き 2990mm

高さ:手前側 2570mm 奥側 2520mm

坪数:2.29坪(床面積7.57平方メートル)

開口寸法:幅 2318mm × 高さ 2045mm

内部寸法:幅 2476mm × 奥行き 2820mm

重量:447.0kg

BS-2529の価格・詳細を見る

ヨドコウ:エルモトピット(エルモシャッター)
1.他社との違い

棚板が付属


他社との違いは棚板が標準装備となっている点です。柱が壁側に付く仕様なので、室内を広く使うことができます。ヘルメットなどの収納に重宝します。
棚の高さもユーザーの好みに合わせることが出来ることも、ポイントの一つです。

より使い勝手を意識した商品と言えます。

2.その他の特徴(防犯)

ディンプルキー

シャッター錠にはピッキング対策対応のディンプルキーを採用しています。(スペアキー1個付)大切なバイクを守るのにオススメです。


3.その他の特徴(仕様)

その他の特徴

シャッターの開閉をより楽にするために、シャッターの取っ手が深くて大きく、取付位置も高めに設定をしています。
これにより指がしっかりとかけられるようになりました。

またシャッター水切りにアルミを採用することで、常に地面に接していて、締めるときにキズが付きやすいシャッター下部を美しく保つことができるようになりました。
長期間の利用にも安心です。

サイズバリエーションも豊富に取り揃えており、バイクを収納するだけでなくバイク整備をするスペースを確保することも可能です。
タイヤの空気圧点検や日常メンテナンスはもちろんのこと、ユーザーのアイディア次第でエンジンや車体の分解などもできるでしょう。

リフター

小型メンテナンスリフターも設置可能ですので、メンテナンスにこだわる方にも安心です。ただし局部に荷重が集中する場合は、厚い板を敷くなどして荷重の分散をする必要があります。
大型バイクの収納用に床補強セットもご用意しており、標準耐荷重の約2倍の強度を出すことが出来ます。

こちらを採用するのもよいかもしれませんね。

床補強セット

4.ヨドコウのおすすめ商品

ヨドコウ エルモシャッター(旧:エルモトピット) LODU-1825HF

屋根サイズ:幅 1928mm × 奥行き 2758mm

床サイズ:幅 1863 × 奥行き 2564mm

高さ:手前側 2356mm 奥側 2305mm

坪数:1.45坪(床面積4.78平方メートル)

開口寸法:幅 1589mm × 高さ 1895mm

内部寸法:幅 1769mm × 奥行き 2388mm

重量:334kg

※豪雪型

LODU-1825HFの価格・詳細を見る

イナバ:バイク保管庫
1.他社との違い

シャッターカラーバリエーション

他社との違いは2色のシャッターカラーです。
特にアーバンGMは、モダンスタイルとなるので、バイクにはピッタリではないでしょうか。

また防犯対策のオプション等もしっかりしていますので、厳重に保管したいという方にもおすすめです。


2.その他の特徴(防犯)

ディンプルキーと防犯装備

シャッター錠前には防犯性の高いディンプルキーを採用しています。ピッキングに強く、愛車を安全に保管することができます。

また防犯バーとワイヤーロックバーがあります。万が一シャッターが壊された場合にもロックが出来、またバイクのタイヤとガレージをチェーンにて固定が可能です。


3.その他の特徴(仕様)

イナバ:その他の特徴

土間タイプは20サイズ、床付タイプは7種類ご用意。連続型にも対応しているので、業務用やレンタル保管庫用にも対応できます。(土間タイプのみなのでご注意ください)
また可動部のレールと地盤に触れるスラットは、
使い勝手の良くなるオプションも多数ご用意しておりますので、バイクと同様に自分好みにカスタマイズしてみてくださいね。


4.ヨドコウのおすすめ商品

イナバ バイク保管庫 FXN-2234HY

屋根サイズ:幅 2310mm × 奥行き 3610mm

床サイズ:幅 2210 × 奥行き 3470mm

高さ:手前側 2356mm 奥側 2305mm

坪数:2.32坪(床面積7.67平方メートル)

開口寸法:幅 2004mm × 高さ 1886mm

内部寸法: 奥行き 3347mm

重量:約470kg

FXN-2234HYの価格・詳細を見る

Q:サイズの違いは?

ヨドコウとタクボのバイクガレージについては、ほぼ同じサイズバリエーションとなります。
イナバについては、他社とはサイズの違いが明確となっており、最低限1台用や奥行に余裕のあるタイプを選ぶことが可能です。
下記の表を参考にしてみて下さい。

DIY向け(床付)ガレージ サイズ一覧
タクボ:バイクシャッターマン 高さ 2,570mm

サイズ(単位はmm)

奥行
2,622 2,990
間口 1,832 BS-1826 BS-1829
2,200 BS-2226 BS-2229
2,532 BS-2526 BS-2529
2,900 BS-2926 BS-2929
ヨドコウ:エルモトピット 高さ 2,356mm

サイズ(単位はmm)

  奥行
2,564 2,914
間口 1,863 LOC-1825HF LOC-1829HF
2,213 LOC-2225HF LOC-2229HF
2,564 LOC-2525HF LOC-2529HF
2,914 LOC-2925HF LOC-2929HF
イナバ:バイク保管庫 高さ 2,375mm

サイズ(単位はmm)

  奥行
2210 2630 3050 3450
間口 1,370 FXN-1322HY FXN-1326HY
1,790 FXN-1726HY FXN-1730HY
2,210 FXN-2226HY FXN-2230HY FXN-2234HY
ここまで見て頂いた方へのとっておき情報!
バイクガレージは、ポイントアップのキロYahoo!店がお買い得!

キロYahoo!店へ移動する

これを見れば、 が丸わかり!おすすめコンテンツ一覧


ページトップへ戻る
安心してお買いものをお楽しみください
キロでのお客様の個人情報はジオトラストのSSLにより保護しております。SSLとは、インターネット上で情報を暗号化して送受信できる仕組み。個人情報・クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。
ご利用ガイド