どこよりも早く!リクシルのデッキDSの販売を開始しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デッキDC

2020年の9月にリクシルから新しいウッドデッキが発売されることとなりました!その名もデッキDSです。

まだメーカー展示場にもほとんどないというデッキDS。その魅力をご紹介します。

まずデッキDSは人工木製のウッドデッキです。ただし今までの人工木デッキとは違い、質感やディテールへのこだわりが半端ありません。

そのこだわりからいくつかピックアップしてご紹介します。

 

・魅力1 触り心地にもこだわった「極みヴィンテージ仕上げ」

デッキDSは新開発の「濃淡製法」と「2度削り」で、より天然木に近い見た目と触り心地を実現しています。

通常人工木デッキは1種類の色の樹脂で床板を製造するのですが、デッキDSは2種類の樹脂を練り込むように混ぜ合わせることで、1枚の床板の中に色の濃淡を作り出しています。

また樹脂部分をあえて2度削ることで、不均一な深さ・長さの溝を彫っています。

床の様子床板の濃淡具合

この2つの技術により、人工木デッキにありがちな同一感がなくなり、より天然木に近付いた見た目を実現しています。

表面に刻まれた溝によりラフな木肌だけでなく、繊細な毛羽立ちまで再現されています。またよく見ると角面取りをしており、より木を意識した作りとなっています。

このこだわりの床板の仕上げが「極みヴィンテージ仕上げ」なのです。

さらに詳細床板をさらに拡大すると

もちろん凹凸があるからといって、メンテナンスが大変というわけではありません。

土汚れなどは水洗いで綺麗にできますし、表面のキズはナイロン不織布などを使うことで観覧に補修することが出来ます。

もちろん人工木ですので、腐ったりシロアリの被害にあったりといった心配がない点もポイントの一つですね。

 

・魅力2 天然木を意識した施工方法

人工木と言えば、プラスチックのキャップを使って角や接続部の仕上げを行っていました。

でもよくよく考えると、天然木のウッドデッキはそんなキャップは使っていませんよね。

床材や幕板が人工木なのにキャップがプラスチックだと、そこだけ浮いた風に見えることもあります。

ところがデッキDSはあえてこれらの部材を使わずに、シンプルな板の組み方を見せることで、よりウッドデッキらしい表現をしています。

例えばコーナー部分です。こちらは留め納まりという仕上げです。

留め納まり

また片勝ち納まりという仕上げもあります。

片勝ち納まり

幕板のジョイント部分にキャップを付けずとも、このように美しい仕上がりになっています。

幕板ジョイント部

3.その他の特徴

デッキDSは3種類のデッキカラーから選ぶことができます。

落ち着いた色が魅力のダークステインウッド。木のイメージが強いブラウンステインウッド。経年変化した風合いをイメージしたグレーステインウッドです。

まだ展示品やサンプルの確認ができていませんが、届き次第紹介ができればと思います。

 

4.最後に

ここまでリクシルのデッキDSをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

ぜひ新商品を試してみたい!という新しいもの好きのあなたや、天然木に近い人工木ウッドデッキを探していたというあなたに超おすすめです!

商品の詳細や価格が気になるという方は、ぜひ一度下記の画像から、ネットショップキロの販売価格をチェックしてみてください。

デッキDS留め納まりデッキDS留め納まりの価格をチェック

デッキDS片勝ち納まりデッキDS片勝ち納まりの価格をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家キャンプキャンペーン開催中!


家キャンプキャンペーン開催中!


夏のネットショップキロは、家キャンプキャンペーンを開催中です!

 

おうち時間を楽しく過ごすためのグッズを探してみませんか?

その他にも物置フェンスウッドデッキなどたくさんの商品を激安価格で販売中です。今年の夏を精一杯楽しみましょう!!

 

エクステリア工事をご希望ならこちら!

エクステリア工事をご希望ならこちら!!


ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。