MINO ハイブリッド彩木 ガーデンデッキ

MINOのハイブリッド彩木は、アルミ芯材と硬質低発泡ウレタン樹脂を組み合わせた新しいウッドデッキです。
天然木のように腐る事もなく、割れやささくれなども発生しません。
また、水を含まないため人工木のように素材にカビが発生することもありません。
ぱっと見の金額は少し高めですが、メンテナンスなどを考えた長い目でみると、優秀なウッドデッキとなります。

MINOのお庭に対する取り組み

MINOのホームページでは、完全無料・登録不要のお庭シミュレーション「庭チューン」を展開しています。
表札ではこういったシミュレーターを公開しているメーカーは多いのですが、ウッドデッキのメーカーでは、私の知る限りではMINOさんだけです。
せっかくのガーデンライフ。様々な情報を知る事で、あなたのお役立つことがきっとあるハズ!
※庭チューンを実際に体験したい方は、画像をクリック!

ハイブリッド彩木の特徴その1 腐らない、ささくれない、カビない

ハイブリッド彩木の特徴その2 木材より熱くならない

ハイブリッド彩木に使われているウレタンは、断熱材に使われる素材です。
そのため熱を持ちにくいというわけです。
一般的に天然木よりも人工木の方が熱を持ちやすいので、彩木はウッドデッキの中でも特に熱さに対する対策が出来ていると言えるでしょう。

この写真は子供の足を撮影しているのですが、熱くないアピールです。
決して我慢している訳ではありませんです。

ハイブリッド彩木の特徴その4 伸び縮みしにくい

アルミとウレタンの組合せにより、人工木のように伸び縮みしにくい点も特徴です。
これにより施工がしやすい、反りなどによるクレームが少ないといった業者様にうれしいメリットが生まれます。

ハイブリッド彩木の特徴その5 木の質感とぬくもり

ハイブリッド彩木の特徴として、職人も見間違えるほどの天然木に近い質感にあります。
天然の木から切り出した木目で型取りし、色も3層塗装するという徹底ぶりです。
人工木材は、延べ棒のように製造するため、このようなリアルな質感は作れません。

ハイブリッド彩木の特徴その6 長く美しさを持続

特殊な塗料と確かな実験をすることで、非常に高い品質を長期間保持する事ができます。
天然木のような色あせが少ない点はうれしいですね。

ハイブリッド彩木 施工事例など

ここでハイブリッド彩木の施工事例などをご紹介します。
商品購入ページでは紹介しきれない写真をお楽しみ下さい。

MINO ハイブリッド彩木を実際に組立してみました

MINOのハイブリッド彩木を、キロの名古屋ショールームの展示品として、実際に組立してみました。
本当にDIYはできるのか!それをキロのスタッフと実践しています。
詳しくは、下記のバナーからチェック!!