カーポートとガレージの違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポートやガレージ違いって何?どちらがお得なの?大切な愛車を雨や雪から守るために、車庫を検討されている方向けにまとめてみました。

1.使い方について

「カーポートは屋根だけ。ガレージは建物」と考えると、イメージとしてはわかりやすいかと思います。

単純な雨や雪、紫外線から最低限車を守ることが出来るのがカーポートです。

それに対して、ガレージはしっかりした壁や扉(シャッター)がありますので、横雨や台風で飛んでくる瓦、盗難などからもしっかり守ってくれます。また屋内はプライベート空間として活用できるため、収納スペースを確保したり、車のメンテナンススペースとしての活用も可能です。

2.商品の価格について

違いといえば、まずは価格の比較です。あくまで商品代の目安となりますが、1台用のアルミカーポートの場合、メーカー品でも10万円前後で購入できる商品があります。

それに対してガレージは、30万円前後となります。約3倍の金額差です。

さらに工事代を考えると、その差はさらに広がります。

1台用のカーポートの工事代は地域差はありますが、シンプルな構造のもので3万円~5万円は見ておく必要があります。ただし、高いものだと10万円以上の工事代がかかるものもありますので、しっかり確認をしておきましょう。

それに対して1台用のガレージは、ブロック基礎で施工したとしても、15万円以上はかかると思った方が良いです。これらの価格は地面のコンクリート工事を含めていませんので、駐車場として使えるようにするには、さらに予算がかかります。

さらにガレージは、ほとんどの地域で確認申請が必要です。確認申請を行うには、基礎をブロックではなくRCで作る必要があります。するとさらに工事代が高くなります。確認申請にも費用がかかりますので、結局100万円ぐらいの予算がかかるということも珍しくありません。

ただし一部の都道府県ではカーポートの設置の際にも確認申請が必要になる地域が増えています。注意して下さい。

3.耐久性の比較について

耐久性の差は、素材と構造によるものが大きいです。

カーポートはほとんどがアルミ製の構造材(柱や梁など)と屋根材の組みあわせとなります。一般的な素材はポリカーボネート、その他にアルミ素材やスチール(セッパン)などがあります。

それに対してガレージは、スチール製の商品がほとんどです。

サビなど事を考えるとカーポートが有利に見えますが、ポリカーボネートは強風が吹くと屋根材が飛ぶ構造になっています。また衝撃や耐荷重に関する強度はアルミに比べて劣ります。そのため大型台風や豪雪などの天災への備えとしては、ガレージの方がしっかりとしています。

4.結局どちらがお得なの?

ここまでの話をまとめると・・・

  1. 車庫で色々と楽しみたいという方には、ガレージがお得
  2. 雨・風・盗難などから愛車をしっかりと守りたいなら、ガレージがお得
  3. 最低限の屋根で問題ないという方は、予算重視のカーポートがお得
  4. 確認申請などの問題でカーポートしか選べないお家もある
  5. 普段のメンテナンスに関する手間が気になるなら、サビにつよいアルミカーポートがお得
  6. 天災・災害が気になるなら、強度に自信があるガレージがお得

お得に感じる理由は人それぞれです。何を優先するかをしっかりと考えて、後悔しない車庫選びをしてくださいね。

カーポート専門店のキロに移動するカーポート専門店のキロでお得な商品を探す

ガレージ専門店のキロに移動するガレージ専門店のキロでお得な商品を探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月のキロは、新春セールで3つの特典をご用意!

1月のキロは新春セールで3つの特典をご用意!!


1月のネットショップキロは、新年に相応しい3つの特典をご用意しました。

今年の干支に合わせたおすすめエクステリア商品や激安フェンスをお得に販売。

タクボ物置ご注文で最大5000円分のクオカードをプレゼント。

工事専門店限定で使えるお年玉クーポン。

どれも見逃せません。ぜひ当店サイトに遊びに来て下さい!

ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。