三協アルミのサイクルポート・ベルフラットの魅力とは?

2020年3月~三協アルミからベルフラットという新商品が発売されました。

家庭用の自転車用の屋根(サイクルポート)ですが、今までの商品にはない魅力があります。

通常の家庭用サイクルポートについて

一般的なサイクルポートは、YKKAPやリクシル、三協アルミといったメーカーが作っているアルミ製の骨組み+ポリカーボネート製の屋根材で構成されている商品が主流です。

通常仕様の場合は屋根のみとなり、吹込みを防ぐサイドパネルなどはオプション品となります。

また正面ならびに側面にパネルが付いた(上から見るとカタカナのコの字になる)商品もありますが、コストが高くなる傾向にあります。

ただし当店で人気の大仙の自転車スペースやスチール製のダイマツの多目的万能物置(DMシリーズ)など、コの字にパネルがついてお値打ちな商品もございます。

大仙 自転車スペース

ダイマツ DMシリーズ

 

三協アルミ・ベルフラットの魅力

ベルフラットはベルランドというサイクルポートの後継品として2020年3月から発売がスタートしたのですが、一番のポイントはリーズナブルな価格帯であることはもちろんのこと、L字にパネルを取付するセットがあるという点です。

このような見た目となります。

例えばお家のすぐ横にサイクルポートを建てたい場合、コの字の対応を使おうとすると片側の側面パネルが不要となります。そういったときにこのタイプを採用すると無駄がなくなるという訳です。

また先ほど紹介したダイマツの多目的万能物置のように、コの字にパネルを付ける事で強度を確保している商品もあります。メーカー設定をしているものは、強度計算もしっかりしています。

またアルミのサイクルポートでコの字にパネルが付いているタイプは、側面のパネルが屋根の半分程度しかないものがほとんどです。

それに対してベルフラットは「端部柱タイプ」と「中央柱タイプ」の2種類を用意しています。自転車の入れやすさを重視するか横風・雨への対策を重視するかを選ぶことができます。

こういった設置場所や使い方に応じて仕様を選べる点が、ベルフラットの最大の魅力です。

 

最後に

ベルフラットの色々な仕様や金額を確認したいという方は、エクステリアの激安通販店のネットショップキロをご確認下さい。

下記のバナーからご確認頂く事が可能です。

三協アルミ ベルフラットをチェックする

2021年のキロは新たな企画をスタートさせます!


キロ×生活110番 コラボ企画


2021年に入りネットショップキロは、新たなサービスをスタートさせます。それが組立工事をしてくれる職人探しをお手伝いするサービスです。

DIYで設置しようと思って購入したけど、なかなか時間が取れない・・・というあなたにお勧めのサービスです。

人気の人工木ウッドデッキ収納に便利な物置目隠しフェンスなども激安価格で販売中!

2021年はネットショップキロで、お家時間を楽しく過ごすためのエクステリア商品を充実させてみてはいかがでしょうか。

 

エクステリア工事をご希望ならこちら!

エクステリア工事をご希望ならこちら!!


ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。