キロスタイル サイクルポート

一流アルミメーカーとのコラボ商品!
丈夫で長持ち、しかも安いを実現しました。

外構工事のプランが出たけど、サイクルポートの価格が少し高い気がする。
自転車も大切だけど、自転車用の屋根そのものも、長持ちしてほしい。
出来る限りメンテナンスや交換などの作業をしたくない。
なるべく敷地のまわりは明るく、スタイリッシュにしたい。
こういったお客様の声にお応えした【キロスタイル サイクルポート】をご紹介!

同系統・同サイズの商品と比べて15%以上OFF!
安心の日本製です。
骨組みはアルミ製。屋根には劣化に強く、割れにくいポリカ板を採用。
屋根で暗くなりにくい工夫がいっぱい!

同系統・同サイズの商品と比べて15%以上OFF!

同系統のサイクルポート、例えば、YKK:レイナポートグラン ミニ 22-21サイズが【66,500円】に対して、キロスタイルの同等サイズは、【54,990円】。10,000円以上お安くなっております。(2015年4月現在の価格)
ただし、この価格には秘密があります。一つは完全受注生産(ご注文があってから、商品の制作に入ります)のため、商品出荷までに10〜14日はかかるという点です。メーカーで在庫を持たない事で、コストを削減しています。もう一つはカラーバリエーションです。通常、4〜5色展開が普通のサイクルポートで3色(ブラック、ブラウン、ステン)のみとなります。

安心の日本製です。

大手メーカーのサイクルポートでも、東南アジアなどで生産されている場合もありますが、キロスタイルは安心の日本製です。主に九州などの工場で生産されています。

骨組みはアルミ製。屋根には劣化に強く、割れにくいポリカ板を採用。

柱や屋根枠など、露出している部分のほとんどがアルミ製です。(ビスやキャップなど、一部部品はアルミではありません)
強度が必要な個所(柱と梁の接合部分など)に鉄芯を入れることで、本体強度とサビの強度を両立しています。
また、屋根にはポリカーボネート材を用いることで、アクリルに比べて割れにくくなっています。
なんと、車が乗っても割れません!※ポリカ材はやわらかく、衝撃があるとへこむことで破損を防ぎます。
当店の姉妹サイト「カーポート・サイクルポート専門店」に紹介されている、強度実験動画をご紹介いたします。

光を通す工夫がいっぱいです

ポリカ屋根は透明な屋根材なので、光を通します。加えて紫外線はほぼ100%ふせぐ事が出来ます。
明るいだけでなく、自転車にも優しい設計です。
また、最低限の骨組で構成されているため、影が出来にくいのも特徴です。
逆にちょっと日陰を作りたいという方には、熱線遮断タイプがおすすめです。

どのサイズを選べばよいかわからない・・・というあなたの為の解説

<ポリカ屋根 22-21タイプ>
2〜3台用の自転車置場ならこちらのサイズがおすすめです。
光を通しやすいポリカタイプですので、建物に近い場所や、アプローチ近くにおすすめです。

<ポリカ屋根 29-21タイプ>
4〜5台用の自転車置場ならこちらのサイズがおすすめです。
ご家族みんなが自転車に乗るという場合にはこちらが良いですね。
光を通しやすいポリカタイプですので、建物に近い場所や、アプローチ近くにおすすめです。

<熱線遮断ポリカ屋根 22-21タイプ>2〜3台用の自転車置場ならこちらのサイズがおすすめです。自転車のサドルが熱くなりにくいタイプですので、日が当たりやすい場所(地域)におすすめです。
<熱線遮断ポリカ屋根 29-21タイプ>4〜5台用の自転車置場ならこちらのサイズがおすすめです。ご家族みんなが自転車に乗るという場合にはこちらが良いですね。自転車のサドルが熱くなりにくいタイプですので、日が当たりやすい場所(地域)におすすめです。