ウォーターガーデンとは

e97be6e6418e53c0156f9b42fbaa1ceb

ウォーターガーデンとは、文字通り「水」を活用した庭の事です。

水に流れを作り、池や滝、噴水、ライティングなど様々な方法で楽しむガーデンなのですが、

本質は「自然との共存」にあります。

水場を作ることで、昆虫や植物などの生物が生きる場所を提供する事ができます。

それにより、お庭そのものに自然の動き(循環)が生まれ、四季の移ろいを感じることのできる癒しの空間となります。

また、お子様の教育にも良いでしょう。

ウォーターガーデンを作り上げるのは大変ですが、それだけやりがいのあるものとキロは考えます。

taka-water001

ウォーターガーデンを構成する3つのカテゴリーについて

ウォーターガーデンをつくるにあたって、必要な要素は次の3つです。

今回は構成要素の紹介とともに、DIY向けのアイテムもご紹介させていただきます。

●水をためるために必要な<池>

taka-water002

成型池とは、埋めるだけで簡単に池を形作ることができる商品です。

ただし形が決まっているので、自由にデザインしたいという方には不向きです。

水の容量によって、いくつかの種類がございます。

成型池の価格を確認するにはコチラをクリック >>

プールライナーとは、現場に合わせて池をつくる人におすすめなシートの事です。

理屈上はどれだけでも大きな(複雑な)池をつくることが出来ますが、重ね部分からの水漏れや、地盤づくりなど

手間がかかります。DIYベテランの方におすすめする商品です。

ライナーシリーズの価格を確認するにはコチラをクリック >>

滝パネルは、池に高低差を簡単につけることができる成型池です。

いくつかの小さなパネルを連結させることにより、段々畑のような形の池をつくることができます。

滝パネルの価格を確認するには、コチラをクリック >>

●水を動かす(流れをつくる)ための<ポンプ>

taka-water003

ポンプについては、用途や容量によって、使い分ける必要がります。

例えば滝や噴水を創る場合は、揚程(ポンプにホースを真上に配管した状態での水の高さ)が高い商品を選ぶべきですし、

小さな池に水を循環させるだけであれば、小さいタイプでも問題ありません。

基本的にはスペックが高いほど値段も高くなりますので、適正なポンプを選ぶことをお勧めします。

taka-water006

taka-water007

また、ポンプは電気を使用します。お使い頂く場所(住所)によって、50Hzと60Hzを選ぶ必要がございます。

間違えると使用できないポンプもございますので、お間違えのないようにおねがいします。

taka-water008

ポンプの価格を確認するには、コチラをクリック >>

●水の健康を保つための<浄化システム>

taka-water004

基本的にはフィルターを通すことにより、不純物を取り除き、水質を綺麗に保ちます。

バイオシステムはバクテリアと紫外線で水を浄化するシステムとなっており、魚にも優しいシステムですが、

定期的なバクテリア(バイオキック)の投入が必要となります。

taka-water009

フィルトクリアーは水を浄化高所に運ぶことができるため、自然な滝のようなウォーターガーデンを作る場合におすすめです。

またメンテナンスのしやすさも魅力の一つです。

taka-water010

浄化フィルターの価格を確認するには、コチラをクリック >>

●さらに水を楽しむ要素として<ウォーターライティング>もおすすめ

taka-water005

キロでおすすめするのは<ローボルト(12V)>のタイプです。

ローボルトとは、12Vの低電圧(通常は100V)なので、電気工事の資格なしで本格DIYライティングができる事が魅力です。

水の中でライティングをする場合、地上に比べて危険度が高い傾向にあります。

その点、このローボルトであれば、比較的容易にライティングが楽しめます。

※専用のトランスやコードが必要となります。

ウォーターライト(ローボルト)の価格を確認するには、コチラをクリック >>

ローボルトトランスの価格を確認するには、コチラをクリック >>

さらに詳しい情報を確認したい方には、タカショーのホームページをご案内しております。

ポンプに接続するノズルの組み合わせなど、様々な情報が掲載されております。

ぜひ参考にしてみて下さい。

※下記のバナーをクリックすると、メーカーホームページに移動します。

common_headerLogo