親戚に農業を行っている人におすすめの米の保存方法!!

 

川辺製作所の米保管庫のご紹介

最近、地震などの自然災害が多く発生し、食べ物の備蓄に関する話題も多くなっています。

近年の節約ブームもあり、お米の保存方法についても色々なところで紹介されていますね。

ただ、これらの保存方法のほとんどが、少量の保存方法になります。

 

私の徳島県の実家でも、サラリーマンをしながら田んぼも見ているので、お米を送ろうか?と言ってくれます。

でもそのお米はスーパーに売っているようなビニールで梱包され、オシャレな名前が付いているわけではなく、紙の袋(格納袋・しばり米袋)に入ってくるため、保存方法に困ってしまいます。

 

こういったお米の保管を解決する便利な商品がある事を知っていますか。

それが米保管庫という商品です。屋外用のお米を収納する物置のようなものです。

 

米保管庫には様々なメーカーを出していますが、私はその中でも川辺製作所の米保管庫をおすすめしています。

その理由はいくつかありますが、一つは一般家庭向けのほどよい価格帯ということです。

 

no416

 

<川辺製作所の米保管庫のサイズ・仕様一覧を見たい方はバナーをクリック>

 

家電メーカーや台所設備メーカーでも米保管庫(低温保存庫)は数多くでているのですが、これは非常にお値段が高いです。

本業(プロ)の農家さんがお家に持っていることが多いタイプです。

今回はあくまで親戚に・・・ぐらいの考え方ですので、ここではあえておすすめにはしておりません。

 

川辺製作所の米保管庫は、簡易的なタイプとなるのですが、その中でも、他社の簡易的な米保管庫に比べて、スペックが高い事が特徴です。

簡易的な米保管庫を販売しているA社やB社と比べて、日本製・総桐製・換気対策をしっかりしています。

 

お米の悪くなる原因の一つに湿気があります。米保管庫の内側全面に、湿気の多い日本で家財道具に使われる桐材を用いることで、自然に湿気を防ぐよう設計されています。この桐材はカビにも効果を発揮するため、米の保管にとっても有効なのです。

さらに床下の湿気にも注意が必要なのですが、川辺製作所の米保管庫は、床面を4層構造にすることで、対策としています。

他社の米保管庫は、ただの鉄板だけでお値打ちな商品もありますが、川辺製作所は品質にこだわっています。

img_01

また、日本製という点も非常に大切です。以前当店でも他メーカーで中国製の米保管庫を大々的に販売していた時期もあったのですが、安い分問題も多かったです。うまく組立ができないといったお声を何度も頂きました。

そのため、当店では値段は高くなってしまうのですが、しっかりした米保管庫をおすすめしたいのです。

 

特に川辺製作所の米保管庫は、昭和51年から東海地方の農協との取引があります。その品質の高さを証明する一つの要素となるのではないでしょうか。

サイズも袋の数に応じて4種類ありますので、いつも送られてくるお米の量に応じて、無駄のないサイズの米保管庫をお選び下さい。

防湿、防カビ対策がしっかりして、日本製で作りがしっかりしているDIY向け米保管庫なら、川辺製作所がおすすめ!というわけです。

 

ここで米保管庫の注意点です。こちらの商品は屋外用ですが、雨に対する対策は行っておりません。

直射日光の当たらない、涼しい場所で、風通しの良いところに置く必要があります。

 

川辺製作所の米保管庫を確認するには、コチラをクリック >>

 

最後に川辺製作所の米保管庫の一番人気の仕様です!サイズに困ったときはまずはこちらを検討してみては?

除湿換気用のファンがついて、収納力は30kg袋が18袋(9俵)入れることができる<総桐米保管庫 F-09>です。

 

21193801

 

<川辺製作所 除湿換気ファン付き 総桐米保管庫 F-09>

 

川辺製作所の米保管庫を確認するには、コチラをクリック >>