美しさと安全に考慮した舗装材「リンクストーン」のご紹介

リンクストーンとは、四国化成から発売されている透水性舗装材です。主にアプローチや階段部分で採用されます。施工をすることで、見た目の美しさだけでなく、水たまりができにくくなる、滑りにくくなるといった特徴があります。

また商品の特質上、傾斜地やちょっとしたすき間スペースにも施工ができるため、タイルや石張りと比べて早く簡単に仕上げることが出来ます。

このページでは商品の特徴を紹介するだけでなく、一覧表などについてご紹介しております。

すぐに商品一覧表を確認したい方はこちら

リンクストーンの特徴

リンクストーンは、簡単にいうと細かい砂利(骨材)をウレタン樹脂で固めた商品です。この元々が小さな砂利ですので、細かい場所にも使えるという点が一番の利点です。

また洗い出しコンクリートなどと違って、水は表面にはたまらず、下地に流れることになります。それが水たまりができにくい理由となります。ただしリンクストーンの厚み以上の雨が降ると、水たまりが出来るので注意が必要です。

また施工には下地がコンクリートである必要があります。そのため施工代はコンクリート代+仕上げ代(リンクストーンの材工)となりますので、面積が広ければ広いほど高額になります。そのため、施工はアプローチなど小面積に絞り、他は通常のコンクリートで仕上げる方法が一般的です。

石張りやレンガ縁取りなど、違う素材と組み合わせることで、より表情豊かに仕上げることもできます。

リンクストーンとは、四国化成から発売されている透水性舗装材です。主にアプローチや階段部分で採用されます。施工をすることで、見た目の美しさだけでなく、水たまりができにくくなる、滑りにくくなるといった特徴があります。

また商品の特質上、傾斜地やちょっとしたすき間スペースにも施工ができるため、タイルや石張りと比べて早く簡単に仕上げることが出来ます。

ここでは商品の特徴や画像一覧表についてご紹介したいと思います。

リンクストーンは何が良いの?

リンクストーンは他社製品と比べて、対候性や強度に自信があります。では具体的に何が違うのでしょうか。主な違いは次の2つです。

ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

①紫外線による黄変を抑制します

リンクストーンは経年変化後の美しさが違います。通常の透水性舗装材はエポキシ樹脂で骨材を固めます。このエポキシ樹脂は施工後に黄変をするという特徴があります。それに対してリンクストーンは無黄変ウレタンを採用しているため、従来の商品と比べて黄変しにくくなっています。

特に白や淡い色で施工を考えているのであれば、美しさを保つ商品を選んだ方がおすすめです。

②ダブル接着工法

リンクストーンはダブル接着工法を採用しています。これは設置前にプライマーを塗布し、さらに骨材同士を樹脂で固めるという施工方法です。

通常はプライマーを使わないため、下地と骨材がはがれやすいのですが、接着面が増える事で取れにくくなるという訳です。

リンクストーンの施工手順について

リンクストーンの施工手順

施工の注意点

リンクストーンは単純に施工をすればよいものではありません。大きく3つのタイミングで注意しなければならないことがあります。

1.リンクストーンの下地について

2.商品選びの際に注意すべき点について

3.施工時の注意点について

これらの内容について、解説を致します。

①下地について

最初に紹介しましたが、リンクストーンの下地はコンクリートである必要があります。一般的にはアプローチなら7cm以上、駐車場なら10cm以上が目安です。その時に必ず水勾配を付けるようにして下さい。水勾配がないと下地に流れた雨が、そこに溜まってしまうためです。

また下地を乾燥させる必要があります。目安としては新設コンクリートで14日以上、セメントモルタルの場合は7日以上となります。(含水率10%未満)

水たまりと水勾配

②商品選びについて

リンクストーンには、施工をするタイミングによって夏用と冬用を選ぶ必要があります。夏用は4月~10月(気温15℃~35℃)を目安に、冬用は11月~3月(気温5℃~15℃)を目安に商品を選んでください。

次に購入する分量についてです。骨材は天然石のためロットにより色が異なる場合があります。異なるロットの塗り継ぎ施工は見た目を損なう場合がありますので、少し余裕を持った量で購入しておきましょう。また平米数はメーカー指定の塗り厚で計算をしています。現場で厚みが大きくなっていると、余計に分量が必要となりますので、その点にも注意が必要です。

長く綺麗に使いたいのであれば、メンテナンスコートも一緒に手配しておくことをおすすめします。

③施工時の注意点

気温5℃以下での施工は避けてください。また施工後、完全に乾燥するまでに0℃以下になる恐れがある場合、施工を避けるようにして下さい。また硬化しきらないうちに雨にあてないように注意して下さい。

以前当店のスタッフが外構工事をした際に、冬の寒い時期に施工をし途中で雪が降ったことがありました。その時は気泡が大量に発生し、結局再施工をすることとなりました。

こういった後悔をしないように、施工上の注意は守るようにしましょう。

また施工の際は滑り止めにも気を使うことが大切です。初めて施工をされる方は、オプションのSK滑り止め材を使うことをおすすめします。超微粒砂による適度なつや消しと滑り止めを期待できます。

滑り止め対策をしないと、場所や季節、路面の状況によっては非常に滑りやすくなることがあります。あくまでオプションですが、当店としては出来る限り対策して頂きたいです。

リンクストーンの商品一覧を確認しよう!

リンクストーンには粒のサイズや素材などによって、現在5つのバリエーションがあり、さらにそこから色を選ぶことができます。それぞれの特徴について確認をした上で、最適な商品を選びましょう!

リンクストーンF

4~6mmと2~3mmの骨材をブレンドすることで、強度を高めた天然石素材です。塗り厚は8.0mmで設定されています。

リンクストーンM

4~6mmの天然石骨材を使った一番人気のシリーズ。天然石(乱張り)との相性バッチリ。塗り厚は10.0mmで設定されています。

リンクストーンS

2~3mmの天然石骨材を使い、塗り厚は3.0mmに設定されています。黄変しにくく対候性に優れています。

リンクストーンG

4~6mmのリサイクルガラスを使ったシリーズです。駐車場よりもアプローチへの施工がおすすめ。塗り厚は10.0mmで設定されています。

リンクストーンC

着色セラミックと天然石を組み合わせることで、おしゃれさと施工性を両立。2~3mmの天然石骨材を使い、塗り厚は3.0mmに設定されています。

リンクストーン・商品写真

リンクストーンの3m2(平米)セット内容

リンクストーンF 一覧

 

※気になる商品があれば、画像をクリックして下さい。3m2(平米)セットの商品価格をご確認頂けます。

リンクストーンM 一覧

※気になる商品があれば、画像をクリックして下さい。3m2(平米)セットの商品価格をご確認頂けます。

リンクストーンS 一覧

※気になる商品があれば、画像をクリックして下さい。3m2(平米)セットの商品価格をご確認頂けます。

リンクストーンG 一覧

※気になる商品があれば、画像をクリックして下さい。3m2(平米)セットの商品価格をご確認頂けます。

リンクストーンC 一覧

※気になる商品があれば、画像をクリックして下さい。3m2(平米)セットの商品価格をご確認頂けます。

他の量や商品を確認したい場合は、下記リンクより四国化成の商品をご確認頂けます。

四国化成のガーデニングDIY用部材(塗装・舗装材)を確認する >>