手すりの取り付け方法を勉強しよう!

昨今、介護など様々な目的で施工されることが増えてきた屋外用の手すり。
新築時に取付するよりも、外構リフォームとしてプランされることが多いです。
その時重要なのが、施工方法です。
取付する場所に応じて、適切な取付方法を選択しなければいけません。
手すりの取り付け方法でのポイントは、「柱」。
今回は、屋外用手摺の一般的な施工方法の種類について、YKKのパルトナーUDフェンスを元にご紹介致します。

<取付場所と部材のイメージ図>

施工方法1 湿式(埋め込み式)

湿式(埋め込み式)は、フェンスなどと同じように、地面に穴を空け柱を埋め込む方法です。
一番良く使われる施工方法でもあります。

地面の状況に関わらず、安定した施工が出来る点が人気の秘密ですが、下地がコンクリートやタイルなどの場合、コア抜きという特殊な工具を使った作業が必要となります。そのため、施工業者様向きの施工方法と言えます。
既設のブロックがあり、そこに穴が開いていれば、比較的容易に取付ができるかと思います。

下地が土の場合にも有効な施工方法ですが、手すりに掴まる際体重をかけることになるので、しっかりした基礎を作る必要があります。

施工方法2 乾式(ベースプレート式)

乾式(ベースプレート式)は、ブラケットを用いることで、柱を埋め込まずに施工できる点が魅力です。

取付条件としては、下地がコンクリートである必要があります。(タイルの場合は、下地にしっかりコンクリート基礎を作っていることが取付の条件となります)
湿式(埋め込み)タイプですと、柱より一回り大きい穴を空ける必要があるため、タイルなどの仕上げの場合、見た目が気になるという方もおられます。
それに対して乾式(ベースプレート式)は、カバーを取り付けする事で、すっきりした納まりにする事が可能です。

後付(外構リフォーム)で手摺を取付する際におススメの取付方法です。

施工方法3 側面用

側面用は手すりを取り付けすると、階段のスペース(幅)が確保出来ないといったときに採用される施工方法です。
こちらの乾式(ベースプレート式)と同じく、外構リフォーム向けの組立方法となります。

しかし、この施工方法はあまり採用をされない傾向にあります。
理由は側面にアンカー固定をするという施工方法にあります。
一般住宅の階段は、ブロック積で作る事がほとんどなのですが、ブロックに取付する場合、アンカー固定だと強度が確保できない場合が多いからです。
※一般的なコンクリート打ちっ放しなどの施工方法であれば、強度は十分確保できます。

手すりを掴む際に、体重をかけますので、強度については十分に気を付けなければいけません。
DIYには不向きな取付方法となります。

施工方法4 壁付タイプ

文字通り、壁に手すりを取り付けする取付方法です
新築、外構リフォームのどちらでも採用しやすい取付方法です。

ただし、こちらの手すりは側面用と同じくアンカー固定となります。
そのため、擁壁部分の階段などに採用されることが多い傾向にあります。
※取付した際の強度に問題がないかは、必ずハウスメーカー様などに確認する事をおすすめ致します。

また、木造の躯体の柱にも取付が出来ます。こちらも建物の壁にビスを打つ必要がありますので、ハウスメーカー様に確認をとるようにして下さい。