お庭を楽しむためのガーデンファニチャーを勉強しよう!

ガーデンファニチャーイメージ

こんにちは!ネットショップキロの前藤です。


エクステリア専門店で、10万点を超える商品数をもつキロだからこその視点で、
お庭を楽しむ要素としての「ガーデンファニチャー」についてお伝えしたいと思います。

「ガーデンファニチャーとは」という解説から「商品を選ぶコツ」まで、幅広くご紹介しております。
しっかり勉強して、素敵なお庭づくりの参考にして下さい。

ガーデンファニチャーとは

ガーデンファニチャーは、直訳すると、庭(ガーデン)の家具(ファニチャー)です。
そのため一般的には、屋外用のテーブルやチェア、ベンチなどが代表として挙げられます。


インテリアとの大きな違いは、耐候性があるかどうかです。
屋外に置くため、ある程度の雨や汚れを考える必要が出てきます。


その他、パラソルやシェルフ、ガーデンシンクなど大型のガーデン家具や、シャビースタイルに代表される額縁などの小物も充実してきました。
昨今のDIYブームにより、自作している方も増えています。

ガーデンファニチャーを選ぶコツ

家具選びのイメージ

皆様は家具を買うときに何を考えるでしょうか。


まずは、○○したい!という想いがあって、その希望に応えることが出来る機能やサイズの商品を探し、その上でデザインや価格と相談するのではないでしょうか。


例えば、


●リビングに4人掛けのソファが欲しい。
●デザインは、モダンなタイプがいいな。
●価格は5万円ぐらいでいい物があればよいけど・・・。


●寝室に本棚が欲しいな。
●文庫本を入れるので、出来るだけスリムなデザインがよいけど、
●色はやわらかいベージュ系なら部屋に合いそう!


といった具体です。

詳しくは、当店のブログ「タカショーの推奨する5thROOMとは?」にも紹介をしていますが、
簡単にいうと、「お庭を部屋に見立てて、ガーデンライフを楽しもう!」というものです。
 
そこでは、大まかにいうと部屋に見立てる要素として、
フロア(床)を作り、屋根(天井)を作り、家具を置き、プライベート空間を作る。
としています。
 
ラフプランとして、平面図にするとこういうイメージですかね。

5thROOMのラフプラン

この考えを元に、ガーデンファニチャーを考えてみましょう。
その手順は次の通りです。

1.お庭の役割を考えよう!

お庭の役割のイメージ

お庭を住宅でいう、何の部屋にするかで、実は選ぶべきガーデンファニチャーが変わってきます。
そのコンセプトを決める上で、何に使うかというのは非常に重要です。


例えば・・・


●リビングのような団欒・おもてなしをする部屋にしよう!
 >お客様が来たときにゆっくりしてもらえる、見ため重視のお庭に(イングリッシュガーデンなど)


●ダイニング・キッチンのような、バーベキューを楽しむ部屋にしよう!
 >ウッドデッキやガーデンシンクで、ホームパーティーなどを楽しむ。アウトドア大好き家族に。


●プライベートルームのような、のんびりした時間を過ごせる部屋にしよう!
 >お父さんが、自分の時間を楽しむ部屋が欲しいというなら、思い切って外に作ってしまおう!というDIY要素が強いお庭に。

といった具合に、求める要素が変わってくることがわかるでしょうか。


2.フロアについて考えよう!

フロアのイメージ

フロア(床面)を考えるという事は、素材の事はもちろん「広さ」について考える場所でもあります。

お庭全体を一つの部屋と考えるもよいですし、窓前のスペースを部屋としてとらえるのもよいです。


先ほどの部屋の用途から、具体的にお話すると、


●リビングであれば、スペースを広く使う事を心がけるとよいでしょう。
 これはフロアを広く取るというよりも、「借景」などの考え方で、奥行感を出し広く見せる方が良いかと思います。


●ダイニング・キッチンであれば、アクティブな空間を作る事を心かげるとよいと思います。
 小さいフロア的な要素をたくさん作り、今日は天気が良いからここでご飯を食べようなど、島を作ると言えばよいでしょうか。
 ウッドデッキのスペース、芝生のスペースなどですね。


●プライベートルームであれば、広いスペースは必要ありません。また、できるだけ目隠し要素を強くした方がよいでしょう。
 快適性や利便性を追求してもよいかもしれませんね。

3.ルーフについて考えよう!

ルーフイメージ

お庭を部屋に見立てるとき、屋根の存在も重要です。
といっても、必ず必要というわけではなく、「使わない」という事も含めて考えるという意味です。


部屋の用途の話から考えると・・・


●リビングなら、雨の日でもお客様が来る事は当然あります。
 そんな時でも楽しめるよう、軒下やテラスなどで屋根を付ける事をおすすめします。
 また、日よけなどがあると、ゆっくりと過ごす事ができるでしょう。


●ダイニング・キッチンは、雨の日だとパーティーが中止になったり、屋内で行う事も多くなると思います。
 こういった場合には、屋根なしでも良いと思います。
 ただしフレームだけのパーゴラを用いる事で、屋根ではないけどルーフを用いた演出をしたり、常緑樹の枝を屋根に見立てるといった演出も効果的です。


●プライベートルームは、環境に左右されにくい事が求められるケースが多いです。
 そのため、出来る限り屋根を設置する事をおすすめします。思い切って囲いタイプにしても良いかもしれませんね。


4.目隠しについて考えよう!

目隠しイメージ

お庭を部屋に見立てるとき、壁があると、明確に空間を分ける事ができます。
こちらは用途だけでなく、敷地条件など他の要素も必要となります。
周りにお家がなければ、そもそも目隠ししなくてもプライベートになりますしね。


部屋の用途の話から考えると・・・


●リビングなら、できるだけ広く空間を使い、かつ自然を取り入れたいため、植栽などある程度の目隠しがおすすめです。


●ダイニング・キッチンは、匂いなどで迷惑を掛けないようにボリュームのある植栽や目隠しフェンスなどで敷地を囲っておいた方が、問題が少ないかもしれません。


●プライベートルームは、目隠し要素は高い方が良いですが、あまりに囲いすぎると圧迫感が心配かもしれません。
 その場合は、シェードや目線以上の高さに空間を作ってあげればよいと思います。


5.ファニチャーについて考えよう!

ガーデンファニチャーイメージ

部屋のイメージが出来上がってきたら、お庭の家具を配置してみましょう。
ここまでくれば、すでに希望のデザインや使い方は決まっていると思います。


あえて部屋の用途の話から、おすすめの商品を考えると・・・


●リビングなら、大人数で座れるゆったり座れるソファーがおすすめです。
 特に人工ラタンとクッションの組合せは、リゾート感も出ますので、絵になる空間ができるでしょう。


●ダイニング・キッチンは、BBQ場のような自然を楽しむコンセプトであれば、天然木が馴染むと思います。
 汚れが気になるという方には、プラスチック製のテーブル・チェアがおすすめです。
 このタイプは、軽いという特徴もあるので、持ち運びが多い場合にも重宝します。


●プライベートルームは、快適性が求められます。
 高級志向でも良いですし、安価なタイプでもよいかと思います。
 リクライニング機能があるチェアや、飲み物などを置く事が出来るミニテーブルなんかもおすすめです。


まとめ

ここまで、ガーデンファニチャーを選ぶための流れをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

テーブル・チェアにたどり着くまでに、様々な項目や考え方をお伝えしましたが、内容を簡単にまとめると・・・


1.お庭の使い方を決める
2.その使い方にあったガーデンファニチャーを選ぶ


とりあえずこの2点を忘れなければOKです!



もちろん「一目ぼれ」でガーデンファニチャーを購入する事もあるでしょうし、そういったものほど愛着が湧くと思います。
ファニチャーを際立たせるガーデンプランも可能ではあります。


それでもエクステリアに携わる人間としては、お庭を使う事を考えて、ガーデンファニチャー選びまでしてもらえるとうれしいです。
これはお客様(エンドユーザー)だけでなく、エクステリアプランナー様全体に対しても言える事だと思っています。


ぜひぜひ、これらの話を参考にしながら、素敵なお庭を作ってみて下さいね!!