大手3メーカーのアルミサイクルポートを比較してみました

主要アルミメーカーのサイクルポートの比較コンテンツです。
YKKAP、三協アルミ、リクシルの格安サイクルポートのどれが一番良いの?という質問にお答えするために調査した内容となります。
サイクルポート選びの参考になれば幸いです。

対象商品について

YKKap:レイナポートグランミニ
三協アルミ:セルフィ
リクシル:ネスカRミニ

サイズについて

※ サイズは奥行-間口で表記しております。(一部メーカーでは、記載順序が異なります)

※ 一般的な住宅用として、4m以上の商品は含んでおりません。

fugo_mini_img_05

?<参考:サイズの表記について リクシルのページより参照>

サイズバリエーションは、セルフィとネスカが間口と奥行のパターンで4種類、高さで3種類となります。
それに対して、YKKapではサイズが限定されていますね。小さいサイズ(18)がない形となります。

また、高さも2種類のみとなります。

サイズを限定している分、価格を抑える事ができているともいえるかもしれませんね。

ただし、JIS規格で定められているように、自転車の奥行は1,900mmまでとなりますし、あまり背が高いと雨の時に濡れやすくなります。
18サイズやH28サイズの自転車屋根を選ぶ際には注意が必要です。

自転車のサイズについて

< 自転車サイズについて詳しく確認したい方は、こちらのコンテンツでチェック >

サイズについてですが、実は柱の断面寸法もそれぞれ異なります。
YKKap:134×79(mm)
三協アルミ:140×95(mm)
リクシル:132×90(mm)
こちらを見る限り、セルフィが一番しっかりした柱を使っている事がわかりますね。

カラーバリエーションについて

色については、大きく2つ選ぶ必要があります。
本体(アルミ)の色と屋根の色です。屋根にはポリカーボネート、熱線遮断(熱線吸収)ポリカが主流となります。
そのため、今回はこれらの情報に絞って比較しています。

本体カラーについて

YKKap color-h2

プラチナステン

color-200

ブラウン

color-b7

カームブラック

color-w

ホワイト

三協アルミ slc

サンシルバー

uc

アーバングレー

bkc

ダークブロンズ

kc

ブラック

wh

ホワイト

br

ブロンズ

bnc

アースブラウン

リクシル nesca_mini_img_sl

ナチュラルシルバー

nesca_mini_img_03

シャイングレー

nesca_mini_img_bl

オータムブラウン

nesca_mini_img_bk

ブラック

nesca_mini_img_wh

ホワイト

屋根カラーについて

? ポリカ 熱遮断ポリカ
YKKap

merit-color02a1

アースブルー

merit-color02a2

スモークブラウン

merit-color02a3-1

トーメイマット

merit-color02b1

アースブルー

merit-color02b2

クリアマット

三協アルミ

ao_c

ブルースモーク

br_c

ブラウンスモーク

sl_c

かすみ

ao_m

ブルースモーク

?
リクシル

color_img_07

クリアブルー

color_img_06

クリアブラウン

?

color_img_09

ブルーマットS

color_img_10

クリアマットS

オプションについて

サイクルポートには、それぞれオプションがあります。
サイドパネルや輪止めなどの一般的なオプションから、雪下ろし棒といった独特なタイプまで、それぞれご紹介いたします。

機能 YKKap 三協アルミ リクシル
車止め option_img_01
サイドパネル nesca_mini_img_08
サポート柱 option_img_03
物干し option_img_11
外部コンセント option_img_10
屋根補強材 option_img_06
雨水タンク option01b2 × ×
枯葉除けネット option_img_08 ×
飾りパネル option01b1 × ×
柱ガード option_img_09 ×
偏芯基礎 option_img_07 ×
雪下ろし棒 snow × ×
スケルトンエルボ toumeitoi_1 × ×
照明 option_img_05 ×
アルミたて樋 almitoi × ×
サイクルラック option_img_02 × ×
セキュリティカメラ thumb_carportcamera × ×
ワイヤレスセンサー waiyares × ×

このようにオプションを比較してみると、リクシルのネスカRが一番多い事がわかります。
特に12V美彩に代表される、照明に関するオプションやサイクルラックといった実用的なアイテムが多い傾向にあります。
対して三協アルミのセルフィは、スケルトンエルボや雪下ろし棒など、メンテナンスを簡単にするオプションが豊富です。
YKKapは、少ないながら雨水タンクなどの環境に配慮したオプションがある点が特徴です。

まとめ

色々比較しましたが、大きな特徴をまとめると、下記のような条件になるのではないでしょうか。

●サイズやオプション、色などは少ないが、価格が安いYKKapのレイナポートグランミニは、純粋にサイクルポートが欲しいという方におすすめ
●柱が大きく、カラーが豊富な三協アルミのセルフィは、こだわり派のあなたにおすすめ
●セキュリティ関連やラックなどのオプションが豊富なリクシルのネスカRミニは、機能的に自転車置場を使いたい方におすすめ

どのメーカーも一長一短がありますが、一流メーカーであることは間違いないです。
これらの情報と使い方、ご予算と相談して、お気に入りのサイクルポートを見つけて下さい。

気に入ったサイクルポートを確認したい!

ここまで紹介したサイクルポートで、特に気になるシリーズがありましたら、下記のバナーをクリックして、ご希望の商品の詳細や価格をチェックしてみて下さいね。

YKKap:レイナポートグランミニ
三協アルミ:セルフィ
リクシル:ネスカRミニ