LIXIL TOEX ファンクションユニット ウィルモダン

ファンクションユニット ウィルモダンは、機能門柱の中でもロングセラー商品です。
デザイン性の高さとオプションの組合せバリエーションの豊富さで様々な住宅シーンにマッチします。
また、本体自体を非常に薄く設計しているため、エントランス部分の距離が短い狭小地にもおススメ!
リクシルトエックスのファンクションポールで、おしゃれなエクステリアを楽しみませんか。

ウィルモダンの特徴 基本スペック

ファンクションユニットウィルモダンは、サインパネル・ポスト・両柱セット・センターブロック(上、下)・デザインパネル・で構成されます。
これらの組合せ次第で、様々な外構プランに合った機能門柱となります。
この組み合わせの自由度から、プランがしやすいためエクステリアデザイナーの方にも人気というわけです。

ウィルモダンの特徴 薄型デザイン

先ほどもご紹介しましたが、ウィルモダンの特徴は薄型デザインです。
一番出っ張っているポスト部分の奥行で152.5mmという驚異の薄さです。
このサイズは、コンクリートブロックとほぼ変わらないサイズですので、ブロック積と変わらない寸法で、壁面部分だけでなく、表札やポスト・照明まで付ける事ができます。

ウィルモダンの特徴 ライティング

ウィルモダンの人気の秘密の一つに、照明の美しさがあります。
昔は上面から照らすライトが主流だったのですが、横から表札等を照らすことによって、美しく魅せる機能門柱を実現しています。
またLEDライトを採用し、照明タイプには明るさセンサーを標準装備しているため、消し忘れなどの心配もなく、エコな照明である事も見逃せません。

ウィルモダンの特徴 豊富なオプション

ウィルモダンの特徴に豊富なオプション(組合せ)があります。
特に表札の下のデザインパネルは、パネルを付けない仕様からガラスや格子まで様々なデザインがあります。
ライティング重視であればガラスタイプ、玄関に近い場所ですと門灯の兼ね合いがあるので、格子タイプ。
植栽などで足元を楽しむ場合は汚れを気にしてあえて何もつけないなど、プランによって変えてみても面白いかもしれませんね。

ウィルモダンの特徴 表札バリエーション

表札と言えば、お家の顔です。表札の素材や文字の配置やデザインによって、まったく印象が変わります。
毎日見ることになる表札なので、ここは自分の好みに合わせたデザインを選ぶと良いでしょう。
メーカーホームページにてシミュレートも可能ですので、そちらでチェックしてみるのも良いかと思います。

ファンクションユニット ウィルモダンの組合せ例

ウィルモダンの組合せが良くわからない・・・
という方のために、ウィルモダンセット商品をご用意しております。
こちらの絞り込み結果より、ご希望の商品を探してみて下さい。
また、プロの方向けにウィルモダンパーツのバラ売りも行っております。
<<ウィルモダンパーツをご希望の方はコチラ>>

※表札はこちらからご注文頂けます。
<<ウィルモダン 表札をご希望の方はコチラ>>