ダイケン ガーデンハウス DM-Z型

タイトルイメージ

建築金物に長けたダイケンの2017年の新物置です!
大正13年創業の老舗建築金物メーカーが満を持して発売する新型物置DM-Zの特徴についてご紹介!

DM-Zのポイント1 積雪対策

積雪対策

ダイケンは、北海道の札幌に支店を持ち、追加金額なしで物置の配送も行ってくれる数少ないメーカーです。
そのため、雪に対しての備え、考え方がしっかりしています。
特にガーデンハウスDM-Z型は、下レールがない構造としているので、登場現象による地面の隆起に対して、影響を受けにくくなっています。
価格も一般地用と比べてそこまで高くなっていないので、昨今の異常気象が気になる方には、豪雪型がおススメです!

積雪対策その2

DM-Zのポイント2 カラーバリエーション

カラーバリエーション

ガーデンハウスDM-Zは、2色のカラーバリエーションとなりました。
特に「マカダムグリーン」色は、落着きのあるグリーン色で、和風・洋風・モダン風住宅のどれにもマッチしてくれます。
他メーカーでなかったのが不思議なくらいです。
また、明るい色を希望の方には、ナチュラルホワイトもおすすめ。

DM-Zのポイント3 大きくて使い易い扉周り

扉周りのイメージ

まずは以前の錠と比べて、サイズを大幅に変更しました。
旧シリーズであるDM-Jでも好評だった「仮ロック機能」もついているので、使い勝手が良いです。
さらに引き戸は小さい子供でも開閉しやすい大きな取っ手を採用。
壁から出っ張っているため、肘でも操作が出来るようになっています。

サイズバリエーションを確認しよう!

ガーデンハウスDM-Zでは「全33タイプ」のサイズバリエーションをご用意しました。
すべてのサイズにおいて、豪雪型をご用意しております。
気になるサイズがあれば、ぜひご確認下さい。