EXE2015報告 防犯と使い勝手の両立を実現した面格子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

用途に応じて可動する面格子のご紹介!

皆様は面格子という商品をご存じでしょうか。こちらは、窓の前に付ける防犯を目的としたアイテムです。

img_02主にこういったデザインの商品ですね。

その中でも今回紹介するアイテムはこの進化版!可動する<YKK 多機能ルーバー面格子>です。

mekakushi_ykk_hane

 

実際にどのように動くのか、エクステリアエキシビジョン2015にて撮影してきました。まずはコチラをご覧ください。

簡単な動作で動いているのがわかりますでしょうか。

実は可動させることによる事によって、面格子の用途が異なってきます。どういうことなのかをメーカーのカタログの内容を元にご説明させて頂きます。

可動によるメリット紹介

防犯、プライバシーの確保、風を通す、光と光を通すといった用途を、ルーバーの角度で調整をする事が可能です。具体的な角度とともに説明をさせて頂きますね。

①プライバシーの確保

完全に閉じる事で目隠し効果を最大限に発揮した状態です。

mekakushi_ykk

 

②日よけ&通気の両立

45°開く事で、日差しをおさえつつ光を入れます。見上げる視線は防ぎにくいですので、注意が必要です。

mekakushi_45_ykk

 

③換気を重視

90°で固定することで、最も風が通りやすくなります。まっすぐな視線は防げませんが、見上げる、見下ろす視線には、比較的プライバシーを確保しやすいです。

mekakushi_90_ykk

④光を取り入れつつ、風も通す

135°前後は、日照をとりいれつつ、風も通しやすい角度です。西日に対する日よけにも効果的です。ただし、見下ろす視線からのプライバシー効果は低めです。

mekakushi_135_ykk

 

また、こちらのアイテムは<上下分割可動>といった仕様もあり、先ほど紹介した利点を組み合わせる事も可能です。

この機能により、用途やお家の条件に応じて使い分けができるというわけです。

※取り付けには、お建物に関する知識や施工スキルが必要ですので、プロにおまかせする事をおすすめします。

no576_03

<商品の価格やサイズなどはこちらからご確認頂けます>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。