庭の日当たりが悪くても大丈夫!シェードガーデンでガーデニングを楽しむ

シェードガーデンの魅力

 せっかく庭があるのに日当たりが悪くて、ガーデニングが楽しめない…。そんな悩みを持つ方は少なくないのではないでしょうか。確かに日当たりのよい場所は草花を育てるのに好条件ですが、日陰だからこそ楽しめる植物もあります。

みなさんはシェードガーデンをご存知ですか?言葉通り、日陰の庭を意味しており、日当たりがあまりよくない庭や半日陰の庭、大きな樹木による木漏れ日のある庭をまとめてこう呼びます。

日本は都心部などでは住宅が密集しがちで、そうした場所ではどうしても庭が建物の影になってしまい、日当たりが悪くなってしまいます。シェードガーデンはそのような場所でも環境にあった植物を選ぶことで、ガーデニングを楽しむことができる方法です。

また、スペースもあまり関係なく、狭いアプローチ側など、庭づくりに向いていないようなところでも気軽に草木を植えて育てることができますよ。

うちの庭は日が当たらないからとあきらめてしまわないで、様々な方法でシェードガーデンを楽しみましょう。

 

庭によってデザインが変わる?

シェードガーデンは日陰であれば庭以外の場所にもつくることが可能です。高層マンションなどのベランダ、アプローチなどの小道の側、おおきな樹木を植えていて木陰になっているところなど、あらゆるシーンで楽しめます。

ポイントはそれぞれの場所に適した植物を植えること。日陰に強い植物にも様々な種類や特性があるので、選び方に注意しましょう。植える植物によってシェードガーデンのデザインも異なります。

グランドカバーがメインだったり、背の高い草花で彩られていたり、または植物だけでなく、いろいろな素材を組み合わせたスペースなど、その場所によって植える植物とデザインが決まるといってよいでしょう。

それぞれの場所に合わせた植物とおすすめの種類を紹介します。

木陰…日差しは少ないけれど、木漏れ日などでわずかに日が当たるので、植物にとって生育しやすい場所です。木の下に敷くグランドカバー向け植物や耐寒性のある植物がおすすめです。

日当たりをよくするために木の枝透かしを行って、適度な明るさを保つようにしましょう。

・アジュガ

・セダム

・タマリュウ

・シダ類

半日陰…マンションのベランダなど、建物や庭の向きによって、1日のうち日照時間が比較的短い場所です。大概の場合、太陽の角度が低くなる冬は1日を通して日陰になることが多いので、冬に地上部が枯れる宿根草を植えましょう。

暑さが苦手、半日陰を好む植物も最適です。

・ツルニチニチソウ

・クラッスラ

・アスチルベ

・クチナシ

明るい日陰…玄関周りは直射日光が当たらなくても反射光によって十分明るく、日陰を好む植物にとって好条件の環境です。また、ある程度広くて風通しもよいので育てることができる植物の種類が多いのも大きな特徴といえるでしょう。

・インパチェンス

・ジギタリス

・クリスマスローズ

・ヒューケラ

・アジサイ

日陰…ほとんど日が当たらない暗くてじめじめとした場所にもシェードガーデンをつくることが可能です。家の北側やアプローチ沿いなどのスペースには石畳やレンガなどを組み合わせるとすっきりとした印象に演出できますよ。

植物は耐陰性の強いものがおすすめ。1度植えてしまえば、後はあまり手間をかけなくてもきれいな状態を維持できます。

・ヤブラン

・ツワブキ

・ユキノシタ

・ホスタ

日の当たり具合によって適した植物を紹介しましたが、植え方を工夫するだけでおしゃれな雰囲気を演出できます。ここからは初心者でも失敗しないシェードガーデンのデザインも紹介します

・和風に演出してみる

デザインは特に決まりがないので、和風の花壇風に仕上げても素敵です。イロハモミジなどの和の樹木は日照時間が少なくても十分育つため、シェードガーデンに向いています。秋になれば紅葉でまた違った趣を楽しめそうですね。

・シンボルツリーとグランドカバーを組み合わせる

失敗しにくいので、シェードガーデン初心者におすすめの方法です。最初にシンボルツリーを植えて、その株元をグランドカバーで覆えば、植物の高低差によって立体感が生まれます。

・ベランダでは鉢植えを並べる

マンションのベランダやテラスを土で覆うのは無理なので、鉢植えで楽しみましょう。直接地植えするよりも移動しやすく、バランスがとりやすいので余計な手間がかかりません。

 

設置の注意点とメンテナンス方法

シェードガーデンをつくる場合、最初はたくさんの植物を植えるよりも1種類に絞った方が育てやすいかもしれません。同じ日陰でも場所によって環境が異なるので、その場所で成長する植物を選ぶことが大切です。

少し慣れてきたら徐々に植物の種類を増やしていけば成功しやすいですよ。

また、長く楽しむためには植物のお手入れはもちろん、シェードガーデン自体のメンテナンスも欠かせません。特に石やレンガなどの素材を使っている場合は劣化に気を付けましょう。

こまめに雑草を取り除き、破損した個所は取り除くか、新しい素材を足して修復することできれいな状態を保てます。

シェードガーデンはデメリットと思いがちな日陰でも植物を育てる醍醐味が楽しめるガーデンツールです。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

キロ本店のサイトはこちらから

2021年のキロは新たな企画をスタートさせます!


キロ×生活110番 コラボ企画


2021年に入りネットショップキロは、新たなサービスをスタートさせます。それが組立工事をしてくれる職人探しをお手伝いするサービスです。

DIYで設置しようと思って購入したけど、なかなか時間が取れない・・・というあなたにお勧めのサービスです。

人気の人工木ウッドデッキ収納に便利な物置目隠しフェンスなども激安価格で販売中!

2021年はネットショップキロで、お家時間を楽しく過ごすためのエクステリア商品を充実させてみてはいかがでしょうか。

 

エクステリア工事をご希望ならこちら!

エクステリア工事をご希望ならこちら!!


ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。