自宅屋外の日よけシェード取り付けメリットと選び方のポイント

日本家屋では古くかさまざまな形の日よけが使われてきており、その代表的なもとして、すだれが挙げられます。ですが、最近ではモダンなデザインの家も増えてきており、すだれはデザイン面でマッチしない可能性があります。

そこでおすすめなのが、シェードの設置です。今回は洋風なすだれともいえるシェードを取り付けるメリットとその選び方を紹介します。

屋外の日よけシェードを設置するメリット

シェードは色々な形やサイズ、カラーリングがあり、家の形に合わせて選べるため、家のデザインや壁の色に合わせて設置することで、統一感を演出できます。そして使わない時は収納できるため、寒い季節は屋内の気温を不必要に下げてしまう心配がありません。

・シェードは紫外線量軽減にも役立つ

シェードは気温を下げるだけではなく、住まいや家具に当たる紫外線量を減らす効果があります。家具や内装は、一度日焼けして色が変化してしまうと、元には戻せないものです。フローリングやカーテン、絨毯、窓枠などの寿命を延ばすためにも、シェードの使用はおすすめです。

屋外の日よけシェードの選び方のポイント

シェードは色々な素材がありますので、それぞれの特徴を踏まえておきましょう。屋内のインテリア劣化を防ぐことを重視するなら、紫外線をしっかりカットしてくれる大型のシェードを選ぶのがおすすめです。なかには、防水効果を備えているものもありますので、ある程度雨よけにも使いたい場合は防水機能のあるシェードにするとよいでしょう。

基本的には四角いシェードが多いですが、三角留めでピンと張るタイプのものであれば、風であおられることも少なくなるため、三角タイプがおすすめです。

屋外用の日よけシェードのおすすめ商品3選

日本製のやわらかなシェードは高品質なことで人気です。ほどよい日陰とゆったりと流れてくる風を感じられるシェードで、カラーバリエーションも豊富です。

オーストラリアのクーラールーというシェードもおすすめのひとつです。強度が高く、紫外線を95%カットできるという優れもので、業務用としても用いられるシリーズです。

デザインにこだわりたいという方にはYKKAのアウターシェードがおすすめです。洋風でお洒落なデザインのうえ、直射日光と共に外からの視線もカットでき、値段も手頃です。

シェードはどのタイプを選んでもしっかりと固定することが大切

シェードはすだれよりもデザインやカラーバリエーションが豊富なため、モダンな家にも対応できる優れものです。

シェ―ドにはさまざまな形がありますが、どのタイプにしても、しっかり固定できるものを選んでください。ウッドデッキや庭に固定できる部分があるか、固定器具をどのように使えばよいのか、事前に確認しておきましょう。

〈キロ本店のサイトはこちらから〉

2021年のキロは新たな企画をスタートさせます!


キロ×生活110番 コラボ企画


2021年に入りネットショップキロは、新たなサービスをスタートさせます。それが組立工事をしてくれる職人探しをお手伝いするサービスです。

DIYで設置しようと思って購入したけど、なかなか時間が取れない・・・というあなたにお勧めのサービスです。

人気の人工木ウッドデッキ収納に便利な物置目隠しフェンスなども激安価格で販売中!

2021年はネットショップキロで、お家時間を楽しく過ごすためのエクステリア商品を充実させてみてはいかがでしょうか。

 

エクステリア工事をご希望ならこちら!

エクステリア工事をご希望ならこちら!!


ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。