外構プラン決定の前に見ておきたい!メーカー展示場とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ネットショップキロの前藤です。

今年の梅雨は、なかなか雨が降りませんね。

 

今回紹介したいのは、エクステリア商材の実物を見る事が出来る場所。

そう、メーカー展示場です。

今回は、当店から一番近くにある「三協アルミ」の展示場のイメージやおすすめのポイント、

エクステリア専門店との違いなどをご紹介します。

ポイント1 最新のメーカー商品を見る事が出来る

018_sankyo

メーカーの展示場では、今年の最新商品や大型商品、高額商品などを色々確認する事が出来ます。

一般的な外構店よりも何倍も多くの商品を見る事が出来ます。

その理由の一つは、世知辛いですがお金や場所の問題です。

展示品の建て替えには、当然ながら予算が必要だからです。

024_sankyo

また、メーカーは商品を、エクステリア専門店はプランを紹介したいという違いがあります。

そのため、外構専門店では、最新の商品を無理して展示せず、カタログや現場写真と合わせて紹介をします。

実際に設計デザイン、施工したプランを見たいというニーズが多いですからね。

一般的なエクステリア専門店では、5年前・10年前の商品が展示されていることも多いですね。

 

ポイント2 数多くの商品を見る事が出来る

002_sankyo

メーカー展示場は、とにかく展示の種類が豊富です。

写真のように、同じ種類の機能門柱を並べて展示するのは、メーカーならではの展示の仕方と言えるでしょう。

また、三協アルミ・YKK ap・リクシルなどの大手アルミメーカーは、エクステリアと同時に玄関ドアなども製造しております。

建物と合わせて色々見る事が出来る点はうれしいですね。

 

最近のメーカーの動向(印象)としては、照明に力を入れているように思えます。

写真のスイッチを切り替えると、それぞれの照明だけを光らせるなど、展示の仕方も工夫されています。

014_sankyo

ただしデメリットもあります。それは1つのメーカー商品しか見る事が出来ない事です。

当たり前ですが、三協アルミの展示場では、リクシルの商品は見る事は出来ません。

住宅でいうハウジングセンターのような施設ができればよいのですが、私の知る限りではあまり聞いたことがないですね。

 

ポイント3 お子様連れにもうれしい展示場

011_sankyo

最近のメーカーの展示場には、必ずと言ってよいほどキッズスペースがあります。

また、常駐スタッフが多いため、お子様を気にせず、ゆっくりと展示をチェックする事が出来ます。

同じ場所にずっといる事が苦手な子どもにピッタリです。

 

三協アルミの担当イチオシアイテムをご紹介

1.機能門柱 ファノーバ

ファノーバ

先ほども紹介した機能門柱です。

この門柱のポイントは、低コストという事です。

ポスト・表札が付いた仕様で、キロの販売価格で3万円台

ポスト+表札+照明+本体の4点セットの木調タイプでも、6万円台。

このおしゃれなモダンデザインで、このセット内容でこの価格帯はなかなかないとの事です。

ファノーバの販売価格等をチェックする >>

 

2.ウッドデッキ ラステラ & ナチュレ(独立型)

031_sankyo

束柱の仕上がりが特徴的な人工木デッキであるラステラと、人気の木調テラス・ナチュレとの組合せです。

特にホワイト系の色の組合せは、他社ではなかなかありません。

南欧住宅やモダン住宅におすすめですし、明るい緑とも相性が良いので、人工芝と合わせても良いのではないでしょうか。

ラステラの販売価格等をチェックする >>

ナチュレテラスの販売価格等をチェックする >>

3.ふとん干し用オプション

036_sankyo

メーカーさんのイチオシはテラス屋根・・・ではなく、そのオプションである物干しでした。

ポイントはアルミ製の太いポールとしっかりとした固定金具です。

通常のテラス屋根用の竿掛けは、強度上ふとんなどの重量物を掛ける事が出来ませんが、このオプションならOKとの事。

ただし、お子様がぶら下がれる強度はありませんので、その点だけは注意して下さいね。

三協アルミのテラスの価格等をチェックする >>

 

この他にも、三協アルミの展示場には、面白い商品がいっぱいです。

愛知県長久手市にありますので、気になる方、お近くにお住まいの方は要チェックです!

三協アルミの名古屋展示場の情報はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。