ポストの裏蓋の修理はDIYできるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのお家のポストの裏蓋は壊れていませんか?実はポストの裏蓋をDIYで修理される方が増えています。

当店でも台風の時期を中心に、ポストの裏蓋に関する問い合わせを頂いております。

ではどういう手順で修理をすればよいのでしょうか。パナソニックのサインポストを例にご紹介します。

まずはポストの種類を確認しましょう。

ポストの裏蓋の種類や形状は、ポストの種類によって決まっています。そのため自作で裏蓋をDIYするよりも、メーカー純正の修正部材を用意する方が間違いないです。

ポストの種類の確認方法は大きく3つあります。

1.お手元にある契約書(見積書)を確認する。

ハウスメーカーやエクステリア専門店に外構工事を依頼している場合、外構図面や見積書、契約書等が残っていると思います。そこにメーカーや商品名が記載されているハズです。

2.ポストに貼ってあるシールを確認する

日本製のエクステリア商品のほとんどが、商品識別のためにメーカー名やロットナンバーなどを記載したシールが貼ってあります。パナソニックのポストであれば、ポスト内部の側面にシールが貼ってありますので、そちらを確認してみましょう。

3.メーカーや販売店に聞いてみよう

メーカーが特定できている前提ですが、商品の外観写真とサイズがわかれば、直接メーカーに確認をとることも可能です。ただしメーカーによっては「販売店を通して確認してほしい」と言われることもあります。

直接販売を行っているメーカーは少ないですし、定価売りでの販売も多いですので、写真やメーカー名がわかっている場合は、販売店に依頼をするのがよいと思います。

 

ポストの種類が分かったら、次は対応する裏蓋の種類(品番)を確認しましょう。

パナソニックであれば、メーカーホームページでも確認できますし、当店のような販売店が紹介をしている場合もあります。

参考:松下電工のポストの取出し口ふたの交換方法

ポストの種類さえわかれば、直接メーカーに問い合わせをかけてもよいですし、販売店に確認を取ってもらうことも可能です。口頭ですと聞き間違いなどがある場合もありますので、メールや問い合わせフォームから確認をすることをおすすめします。

 

品番を確認したら、次は裏蓋を購入しましょう。ただし裏蓋はホームセンターなどで在庫を持っているような部材ではありませんので、インターネットショップで購入するのが一番簡単だと思います。

もし裏蓋の種類をメーカーに確認したのであれば、その品番や情報を元に見積を依頼すれば、価格等を提示してくれるかと思います。販売店に確認をしている場合は、価格も一緒に提示してくれると思いますので、話が早いと思いますよ。

 

最後にDIYでの施工についてです。商品にもよりますが、パナソニックのポストの場合、プラスドライバーとマイナスドライバーだけで修理できるものも多いです。日曜大工に多少慣れている男性の方であれば、十分DIYできるかと思います。

ただし商品によってなので、場合によっては難しい場合もあります。メーカーホームページ等に施工方法が紹介されていない商品の場合は、商品を確認する段階で、組立説明書がないかをチェックしておくと安心かと思います。

 

ポストの裏蓋が破損すると、中の郵便物が濡れるなどの問題が発生する場合があります。

裏蓋だけであれば簡単に交換できることもありますので、まずは調べることから始めてはいかがでしょうか。

エクステリア補修部材専門店のキロに移動するエクステリア補修部材専門店のキロに移動する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月のキロは、新商品キャンペーン開催中!

エクステリアキャンペーン2月のキロは新商品キャンペーン!随時追加中です


2月のネットショップキロは、新商品キャンペーンと題して、新しいエクステリア商品をどんどん追加していきます。

もちろん業界最安値を目指した特別価格は継続中!メーカー値上げや増税が気になる2019年。商品のご注文はお早めに!!

ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。