エクステリアをお得に手配!次世代住宅ポイント制度について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さまは次世代住宅ポイント制度というのをご存じでしょうか。2019年に施行されるエクステリアに限らず、住宅の新築・リフォームを考えている方へのポイント制度です。

国土交通省ホームページによると、下記の内容で紹介されています。


目的:2019年10月の消費税率引き上げに備え、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、税率引上げ前後の需要変動の平準化を図るため、税率10%で一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する。

対象内容:「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォーム

期間期間:

契約 注文住宅・リフォーム 2019.4~2020.3に請負契約・着工をしたもの

※分譲住宅の場合、売買契約などの条件があり、上記内容と異なります。

引渡し 2019年10月以降に引渡しをしたもの

ポイントの上限:新築の場合・最大35万ポイントまで、リフォームの場合・最大30万ポイントまで

※1申請あたり2万ポイント未満の場合はポイント発行できません

対象商品(エクステリア)について

①宅配ボックス

②バリアフリー改修(手すり) ※リフォームの場合のみ

③断熱改修(内外窓、ガラス)


ここで注意すべき点は3点あると思っています。一つは期間です。特に引渡し期間が2019年10月以上になる点には注意が必要です。

エクステリアに関しては、契約から完了までが1か月前後の場合が多いため、あまり早くに工事をしてしまうと、引渡し日程がうまくできない場合があります。

もう一つは2万ポイント未満の場合はポイント発行できないことです。

例えば宅配ボックスだけを設置する場合、上限が1万ポイントとなっておりますので、対象外となります。

手すりだけの場合だと0.5万ポイント、一緒に段差解消をする場合、0.6万ポイントで1.1万ポイントとなり、こちらも対象外となります。

そのため、いくつかの複合工事でポイントを稼ぐ必要があるという訳です。個人的にはエコ内窓やビルトイン食器洗機、掃除しやすいトイレや浴室乾燥機などが良いのではないでしょうか。

最後はポイントの締切です。こういったポイントが終了する条件は大きく2つ。一つは期間の終了、もう一つは予算の上限に達することです。

今回の次世代住宅ポイント制度は【平成31年度予算案:1,300億円】となっています。この額を超えると制度が終了してしまうのです。

1ヶ月・2ヶ月でなくなるものではないと思いますが、あまりゆっくりしていると、ポイントを得ることが出来なくなる可能性もあります。

 

次世代住宅ポイント制度は、発行前に修正が入る事がよくあります。詳細については下記URLで確認を行い、施工業者様にしっかりと内容を確認しておきましょう。

【参考サイト】 国土交通省 次世代住宅ポイント制度について

ポスト・宅配ボックス専門店で商品を確認するポスト・宅配ボックス専門店で商品を確認する

屋外用手すり専門店で商品を確認する屋外用手すり専門店で商品を確認する

おかげ様で7周年!キロの全力キャンペーン開催中!

キロの7周年キャンペーン開催中!3月のキロは7周年キャンペーン!激安価格に挑戦中です


3月のネットショップキロは、7周年特別キャンペーン開催中!3月から値上げのメーカーが多い中、ギリギリまで旧価格の激安価格で頑張ります!

ほとんどのアルミメーカーが値上げとなりますので、ご購入はお早めに!!

ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。