初心者も簡単!ベランダガーデニングを楽しもう

植物を育てるのに必要な環境を整える

戸建て、マンションに関わらず、ベランダやバルコニーでガーデニングを楽しむ人が増えているのをご存知ですか?普段、洗濯物を干したり、ものを置いたりしているだけのスペースも緑があるだけで癒やされる空間へと変わります。

 

自宅のバルコニーが狭いからと言って、諦めてしまわなくても大丈夫。植物が十分育つだけのスペースさえあれば、ガーデニングは可能です。育てたい植物をイメージしながら、ベランダの寸法を最初に測っておくと配置しやすいでしょう。

ただし、エアコンなどの室外機の前は植物が枯れてしまうかも知れないので、できるだけ避けてください。

 

また、ガーデニングをするうえで日当たりや水やりも重要です。特に日光は植物にとっては主食となるので、一日を通して陽の入り方を確認しましょう。もし、日当たりの悪いベランダなら植物育成ライトなどを使うのもお勧めです。

 

水やりはほとんどのベランダの場合水場がついていないので、バケツやジョウロを用意するのか、植物を室内にもって行って水やりするのか考えましょう。風通しのよいベランダの場合はコンテナの水切れが早いので注意が必要です。

 

おしゃれに演出するにはレイアウトと素材選びが大切

ガーデニングを始めると、プランターやガーデニングツールなどのアイテムがついつい増えてしまいます。そのまま放置していると、ベランダが物置のような状態に。せっかく花や緑を楽しむのだから、おしゃれな空間に演出したいものですよね。

 

ポイントは空間を有効に使うことと、インテリアとして見栄えする素材を選ぶこと。見られたくないアイテムは扉付きのキャビネットなどに収納しましょう。無機質な室外機も収納を兼ねた室外機カバーで隠せば、すっきりと見えます。

 

ベランダが狭くて、収納キャビネットを置くスペースがない場合は壁にハンキングスペースをつくると場所を取りません。毎日使うガーデニングツールなどを吊るして置けば、収納の手間が省けるので、まさに一石二鳥ですね。

 

ジョウロやはさみなどのツールもおしゃれなものを選べば、ガーデンインテリアになります。また、ラックも木製、アイアン製などデザイン性の高いものを選んでディスプレイを楽しむのもよいでしょう。

 

ベランダガーデニングのマナーとは

マンションのベランダの場合、住人の共有スペースになっていることが多く、利用規約に従った使い方をしなければいけません。最初に今住んでいるマンションのルールを確認することが必要です。

 

マンションによっては植物を置くことが禁止されている、または鉢の数が決められている物件もあります。心配な場合は1度確認してから植物を購入しましょう。

 

また、ほかの住人に迷惑が掛からないよう、マナーもしっかり守るのも重要なポイント。

 

・鉢が落下しないように手すりの上には置かない

・土が排水溝に流れないようにする

・隣家との仕切りの前に植物を置いたりしない

・避難ハッチを塞がない

・水やりの際は階下や道路に飛ばないように注意する

・薬剤を散布する時は時間帯と風向きに注意する

 

これらのマナーを守って近隣や上下階の方に迷惑を掛けないよう、気をつけましょう。

 

ガーデニングは植物を育てる楽しみはもちろん、緑を眺めているだけでリラックス効果が期待できます。ぜひ、ご自宅のベランダでガーデニングに挑戦してください。

キロのガーデニング商品はコチラから

2021年のキロは新たな企画をスタートさせます!


キロ×生活110番 コラボ企画


2021年に入りネットショップキロは、新たなサービスをスタートさせます。それが組立工事をしてくれる職人探しをお手伝いするサービスです。

DIYで設置しようと思って購入したけど、なかなか時間が取れない・・・というあなたにお勧めのサービスです。

人気の人工木ウッドデッキ収納に便利な物置目隠しフェンスなども激安価格で販売中!

2021年はネットショップキロで、お家時間を楽しく過ごすためのエクステリア商品を充実させてみてはいかがでしょうか。

 

エクステリア工事をご希望ならこちら!

エクステリア工事をご希望ならこちら!!


ネットショップキロに移動する

SNSでもご購読できます。