物置の品揃え日本最大級のキロ

安心して表札をご注文頂くための情報満載。表札の激安通販店のキロ

マイページ カート 会員登録 ログイン

エクステリア業界最安に挑戦中!
当社のエクステリアトータルアドバイザーが小スペースから
大規模店舗までご提案させていただきます!

10,500円以上送料無料!クレジットカード払いOK! TEL:0120-085-522 FAX:0561-72-7082 営業時間:10:00~18:00
HOMEご利用の流れ組立工事について施主支給よくある質問
検索
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
お気軽にお問い合わせ・ご相談くださいFAX
初めての方へ カテゴリーから選ぶ
国内仕入先メーカー様募集
OEM製造メーカー様募集
ネット通販掲載希望メーカー様募集
協力施工業者様募集
スタッフ募集
トップページ   >   表札   >   表札によくあるご質問について
表札のよくある質問に店長の前藤がお答えします!
はい。無料で行えます。ただし、無料でシミュレートできる回数は決まっております。
当店の主要取扱いメーカーについて、無料での製作回数は以下の通りです。
丸三タカギ 3回まで無料 ※ 4案目以降 デザイン料 1080円
エクスタイル 3回まで無料 ※ 4案目以降 デザイン料 1080円
美濃クラフト 3回まで無料 ※ 4案目以降 デザイン料 1080円
福彫 3回まで無料 ※ 4案目以降 デザイン料 1080円
オンリーワン 2回まで無料 ※ 3案目以降 デザイン料 1080円
ユニソン 2回まで無料 ※ 3案目以降 デザイン料 2160円
無料で製作できる回数は限られておりますので、最初に3パターンの製作を依頼するよりも、
まず一つシミュレートして、そのデザインを元に検討されることをお勧めします。
メールにてお送り致します。
左がお送りするメール、右がシミュレート内容です。※丸三タカギのシミュレート例です。
シミュレートは文字のバランスを見るものですので、白黒でお送り致します。
ご要望があれば、FAXでお送りすることも可能ですが、文字がつぶれたりすることがございますので、当店ではメールにてお送りしております。
2~3日以内にはお送りすることが可能です。
ただし、土・日・祝日はメーカーが休みなので、その期間は含みません。金曜日にご注文を頂くと、翌週の月~火曜日ぐらいにシミュレートが届きます。
当店の商品画像に掲載している書体、文字配置がおすすめです。
このように、商品画像の下側に使用書体を記載しております。こちらは表札のプロである製作メーカーから提供してもらっているものなので
一番おすすめです。
可能です。(商品によっては出来ない場合もございます)
を選んで、購入手続きを進めていきますと 途中に備考欄がございます。
そちらに細かいご要望をご記入ください。
また、オリジナルデザインやサイズを変更されると、価格が変わる可能性がございます。詳しくは当店までご質問ください。
取付け方法は、表札の種類によって異なります。以下の例はエクスタイルの施工方法一覧です。
推奨の接着剤は『20787101』、両面テープは『70415201』と当店ホームページで検索して頂ければ、あわせてご購入頂くことが可能です。

※下記表札取付方法は、あくまでも参考例となります。実際の壁面の状況などによって取付方法が変わる場合がございます。


表札の裏面に両面テープを張ります。これは接着剤が硬化するまでの仮止めになります。
そして中央部に接着剤を塗ります。壁面にもはみ出さない様に接着剤をなじませます。
表札が水平になる様に注意しながら圧着します。

表札の取付け位置を決め振動ドリルなどで深さ1cm程度の穴を開けます。
開けた穴に引掛け用の木片・割りばしなどを差し込みます。
表札の裏面と壁面に接着剤を塗ります。
引掛け用木片に表札を引っ掛けて圧着します。

付属しておりますボルトを表札裏面にセットします。そのまま取付位置にあてがいボルトの位置に下穴用の印を入れます。
振動ドリルなどで深さ25~30mm直径6mmの下穴を開けます。
開けた下穴の中の「ケズリ粉」等を綿棒などで取り除き、細い棒等を使って下穴の中に接着剤を塗り込みます。
ボルトにも接着剤を塗り下穴の中に差し込みます。ベース板有タイプの場合はベース板裏面にも接着剤を塗ります。

付属のボルトと本体を接着します。そのまま取付位置にあてがいポルトの位置に下穴用の印を入れます。
振動ドリルなどで深さ25~30mm直径5mmの下穴を開けます。表札の裏面に接着剤を塗ります。
盤面にもはみ出さない様に接着剤をなじませます。下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

表札の裏面にスタッド金具を付けます。そのまま取付位置にあてがいボルトの位置に下穴用の印を入れます。
振動ドリルなどで深さ25~30mm直径5mmの下穴を開けます。表札の裏面に接着剤を塗ります。
壁面にもはみ出さない様に接着剤をなじませます。下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

表札の取付位置を決め実際に表札をあてがい裏面のボルトの位置に下穴用の印を入れます。
その位置に振動ドリルなどで深さ25~30mm直径6mm(文字のみタイプ3mm)の下穴を開けます。
開けた下穴の中の削り粉などを綿棒などで取り除きます。細い棒などを使って下穴の中に接着剤を塗り込みます。
ボルトにも接着剤を塗っておきます。ボルトを下穴の中に差し込みます。

表札取付位置にベース台座をあてがいボルトで固定して下さい。
壁面がコンクリートなどボルトが使用できない場合、下穴を開けカールプラグなどを使用しボルトで固定して下さい。
ベース台座に上カバーをかぶせ付属のビス2本を使用し上下で止めて下さい。

これを見れば、 が丸わかり!おすすめコンテンツ一覧

ページトップへ戻る
安心してお買いものをお楽しみください
キロでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。SSLとは、インターネット上で情報を暗号化して送受信できる仕組み。個人情報・クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。
ご利用ガイド