エクステリアの照明をおしゃれに演出する方法2つのコツを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エクステリアをオシャレにしたいのであれば、照明を上手に使いましょう。おしゃれな照明を設置すると、昼間だけでなく夜の間も美しい外観を楽しめます。

 

本記事では、エクステリアの照明をおしゃれにするためのコツを2つご紹介します。

エクステリアの照明の基礎知識

エクステリアの照明についてはいくつか覚えておくべき基礎知識があります。より効果的に演出するためにも、ぜひ把握しておきましょう。

 

・まずは電源を考える必要がある

エクステリアの照明で重要となるのが電源です。照明を長い間付けていればそれだけ電気代がかかります。そのためどのような電源を使うかを事前に考慮しなければなりません。

 

ソーラーライトを使えば電気代はかかりませんが、日光があたらないと照明がつきません。しっかり明るさが確保できるのはコンセントからの電源供給ですが、照明を設置できる場所が限られるのが難点です。

 

乾電池を使う場合には天候に左右されない一方、定期的な交換が必要です。

 

・エクステリアの照明の種類もたくさんある

ひと口にエクステリアの照明といっても非常に多くの種類があります。ブラケット型は高所に設置でき、スポットライト型は特定の部分に光をあてるのに適しています。

 

移動可能な置き型、木や地面に刺したスティックに吊るせる吊り下げ型も気軽に設置できる照明です。設置にはやや手間がかかりますが、重厚感のあるポール型も人気です。

 

エクステリアの照明を選ぶ時の注意点

エクステリアの照明を選ぶ際にはいくつかの注意点を覚えておく必要があります。

 

・照明の役割を考える

エクステリアの照明をつける際には、光量についてよく考えなければなりません。防犯のための照明ならばある程度の光量が必要となるでしょう。

 

一方で夜のお庭を彩るための照明であれば、強い光は必要ありません。一時的に点灯していればよいのか、夜の間ずっと点灯させておきたいかによっても選ぶ照明は変わってきます。

 

・センサー付き照明にはとくに注意

人が通ったり、暗くなったりすると点灯するセンサー付き照明を取り付ける場合には、設置する場所をよく選ばなければなりません。

 

普段から暗い場所に設置してしまうと、ずっと点灯し続けることになります。さらに照明の向きによっては人が門の前を通っただけで転倒してしまうかもしれません。

 

センサー付き照明を選ぶ場合には、設置場所まで考慮した計画が必要です。

 

おすすめのエクステリア照明3選

ではおすすめのエクステリア照明を3つご紹介しましょう。

 

・タカショー マリンライト ブラス スパイクタイプ

どんなエクステリアにも似合うマリンライトです。

哀愁あるアンティークな色味が魅力的で、重厚感を感じられます。

https://www.merigraph.co.jp/p17434601/

リクシル 12V 美彩 スポットライト SP-G1型 45° LED 8 VLH09 JW 『リクシル ローボルトライト』

壁にも柱にも取り付けやすい、シンプルでコンパクトなデザインが魅力です。

スリムな台座で取り付けやすく、メモリ付きヒンジなど、使いやすいと評判のスポットライトです。

https://www.merigraph.co.jp/p17693301/

・バークレー 投光ライト SP-06-13 『ローボルトライト』

我が家の庭を簡単に夜景のきれいな庭に変えてくれる優れものの投光ライトです。スタイリッシュなデザインでどんなお庭にも設置可能です。

https://www.merigraph.co.jp/p17689501/

エクステリアの照明でよりおしゃれな我が家に

エクステリアの照明の選び方によって、お庭の雰囲気はガラリと変わります。

ぜひ照明を上手に使って、誰もがうらやむお庭を演出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。