ネットショップキロのウッドデッキニュース

当店スタッフのおすすめするウッドデッキに関する情報を紹介中!

目隠し付きデッキスペースを賢く作ろう!

後付けバルコニーのイメージ画像

はじめに

夢のマイホームを建てたあと、せっかくのお庭なので色々楽しみたいという方は多いと思います。
家の中で行っていたことを外でするだけで、気分が全然違ってきます。

そういったときにおすすめなのがウッドデッキなどの屋外用の床です。
リビングから段差なく移動でき、気軽に外を楽しむことが出来ます。

またフェンスが付いていると、目隠しや子供の転落防止にもなり安心です。
屋根がついていたら、洗濯物を干すのにも便利です。

そんなウッドデッキは数多く種類がありますが、価格の安い天然木のウッドデッキは腐るのが心配。
流行りの人工木デッキはフェンスを付けると金額が高くなる。

そういったデメリットを解決するアイテムとして「庭置き式の後付けバルコニー」があります。
どういった商品なのでしょうか。一般的な商品を元にご案内致します。

 

庭置き後付けバルコニーのメリット・デメリット

よく見る後付けバルコニーのイメージ

皆さんはこちらの画像のようなものを見たことはないでしょうか。
後付けバルコニーは、昔の2階建てによく採用されていました。アルミや鉄で造られており、今でも見ることが出来ます。

一般的には2階用に設置されることが多いのですが、実は1階用のものもあります。
庭置き式とはその1階バージョンの事です。

ウッドデッキとの大きな違いは建物にビスで固定をすることです。

これにより強度を確保しつつ、柱(ウッドデッキでいう束柱)の数を減らすことができます。
またウッドデッキでいう大引きがなく、部材が少ない点も特徴です。

またウッドデッキでいう幕板はアルミとなっており、コの字に囲うようになっております。
そのため見た目がウッドデッキと比べて気になるという方も見られます。

ただしこちらはメリットでもあります。アルミ部分にフェンスや手すりを付ける事になるため、強度を確保しつつお値打ちに設置をすることが出来るという事です。

また一般的な人工木デッキと比べて、ウッドデッキの外側にフェンスを取付することができるため、若干ですがスペースを広く活用することができます。

さらにフェンスの柱はテラス屋根の柱を一体化することができます。
柱が少なくて済む分、さらに安くすることができるという訳です。

 

後付けバルコニーの床材の種類

後付けバルコニーの床板イメージ

後付けバルコニーの床材は、大きく2種類あります。
コストパフォーマンスを重視した塩ビデッキ仕様と、品質を重視した人工木デッキ仕様です。

塩ビデッキは、取付時の予算を下げることが出来ます。ただし塩ビとなりますので、紫外線等による経年劣化が発生します。
年数が経過すると、デッキが割れたり色が薄くなったりするなどのデメリットが発生します。

人工木デッキは、取付時には予算がかかります。ただし塩ビデッキのように割れたりすることはまずありません。
ただし塩ビデッキとまではいきませんが、経年変化で色は変わってきます。

 

後付けバルコニーが少ない理由

色々な後付けバルコニー

このように後付けバルコニーは、見た目が気になるという方はおられるかもしれませんが、コストパフォーマンスと実用性において非常に魅力的な商品です。

ところが検討をされている方は少ない。その理由の一つとして認知度があげられます。

今まではあくまでバルコニーの代わりとしての意味合いが強く、ウッドデッキやガーデンスペースとして考えられていませんでした。
その考えを変えようと動き出したのが、メーカーの三協アルミです。

もっとアウトドアリビングを楽しんでもらうという意図の元、バルコニー「オルネ(ORNE)」を発売しました。

バルコニーに「カフェ風ワークスペース」「こどもキャンプ」「サーファーズハウス」「おうちマルシェ」「木陰で将棋対決」「バルコニストライフ」「勝手口」「ペット広場」「夕涼のなかで」など、様々なシーンを創出しています。

 

後付けバルコニー 三協アルミ・オルネの動画紹介

キロショールームの近くにある三協アルミ名古屋ショールームで、オルネの展示品を見てきました。
動画で紹介をしてますので、よければ商品選びの参考にしてみてください。

このようにキロでは庭置き式の後付けバルコニーの認知を広め、金額で諦めていたお庭の楽しみ方をもっと広げてきたいと思っています。

もしお庭にウッドデッキを設置したいと考えているのであれば、ぜひ後付けバルコニーを検討してみてください!

 

当店おすすめ庭置き式後付けバルコニーの紹介

0

樹脂デッキ材で家を作る?魅惑のデッキハウスとは

皆さんはMINOのハイブリッド彩木というウッドデッキを知っているでしょうか。

これは断熱材(発泡ウレタン樹脂)を素材とした樹脂デッキで、人工木デッキと比べて見た目が天然木と見まがうほどで、かつ夏場でも熱くなったり反ったりしにくいという特徴があります。

今回この彩木を使った新商品「デッキハウス(Deck House)」の展示場が2020年の冬に愛知県一宮市に作られました!

同じ愛知県にある会社として、見学しないわけにはいかない!

コロナの影響で見に行くことが出来ない皆様に、商品の魅力をお伝えしないわけにはいかない!

ということで、実際にショールームに見に行ってきました。その様子をご紹介致します。

続きを読む

0

YKKAPリウッドデッキ200に新色追加!!

天然木と比べて長持ちすることで人気の人工木デッキ。

その中でも当店で特に人気なのがYKKAPのリウッドデッキ200です。

今回そのリウッドデッキから、新しいデッキ色の発売がスタートしました。それがセピアグレイです!どういう色なのでしょうか。

続きを読む

0

リウッドデッキ200のDIYは可能?レビューを調べてみました。

コロナウィルスの猛威によりおうち時間が増えたという方も多いのではないでしょうか。

2020年4月からネットショップキロでも人工木デッキの販売が急激に伸びました。特にYKKAPリウッドデッキ200が昨年の2倍近い売れ行きとなりました。

そこでよく頂いた問い合わせ第一位が「DIYで組立ができるの?」です。

ここではお客様の声(レビュー)の内容を元に、DIYのポイントについて考えてみたいと思います。

続きを読む

0

おうち時間におすすめ商品が増えています!

おうち時間

今「おうち時間」を楽しむためのアイテムがどんどん増えてきています。

そこで今回は、ちょっと気になるおすすめ商品や2020年4月から実際に売れた商品の一部を厳選してご紹介します。

全国で実際に販売された商品を見ながら、気になるアイテムがあればぜひチェックしてみてください。

続きを読む

0

人工木材ウッドデッキの見た目の変化について

人工木製のウッドデッキが発売されてから10年以上が経ち、今では天然木ウッドデッキを大きく引き離すほどに売れています。エクステリア情報誌によると、ウッドデッキ関連市場の内、80%以上が人工木の出荷となっているそうです。(平成30年度の市場情報による)

昔はどのメーカーも同じような見た目で、ほとんど木粉とプラスチックの種類や含有割合の違いぐらいしかなかったのですが、今では見た目にもこだわった商品がたくさん出ています。

ここでは人工木の見た目にスポットを当てて、具体的な商品を例にウッドデッキを紹介したいと思います。

続きを読む

0

玄関エクステリアをおしゃれにするポイント4つ

自宅の玄関エクステリアをおしゃれにすると、家に帰るときがより楽しみになるものです。玄関エクステリアを魅力的に変える方法はいろいろあります。ここでは玄関に手を加えて、おしゃれな雰囲気にするための4つのポイントをお伝えします。

続きを読む

0

縁側のある家に住もう!縁側の魅力や選び方をご紹介

縁側(えんがわ)とは、建物と外との間に張りだされた板敷きの通路のことを指します。外でもなく中でもない空間で、日本住宅独自の空間となります。

おばあちゃん家でちょっと日向ぼっこしたり、スイカを食べたり、将棋を指したり・・・そんなのんびりした空間を作ることが出来ます。しかし縁側の魅力はそれだけではありません。よりお家やお庭を楽しむ仕掛けをつくることができます。

せっかくつくるなら、より深く縁側を理解して、自分ならではの楽しみ方をみつけましょう!ということで、ここでは縁側の魅力や商品選びのポイント、すでにお家が建っているという方にもおすすめの後付縁側についてご紹介したいと思います。

続きを読む

0

ウッドデッキと屋根のDIYを検討中に考えるべきこととは

家族との団らんやレジャーの代わりとして、改めて注目されているウッドデッキのあるガーデンライフ。今そのデッキにテラス屋根を設置される方が増えています。

もしあなたがDIYでウッドデッキとテラス屋根を設置したいと思っているなら、柱の位置を考える必要があります。なぜ柱の位置なのでしょうか。

続きを読む

0